「ほっ」と。キャンペーン

タグ:手づくり和菓子の会 ( 12 ) タグの人気記事

今日は、本当なら4月に受講する予定だったレッスンを、振替で受けてきました。^^
習ってきたのは、柏餅2種とわらび餅です♪

では、先生の見本から。^^
f0207936_15132298.jpg
美味しそうなわらび餅と柏餅!
f0207936_15132837.jpg
柏餅は、みそあんとよもぎの2種類作ります。
よもぎの中には、つぶあんが包まれています♪
f0207936_15133355.jpg
今回習うわらび餅は透明なわらび餅ではなく、黒砂糖が入って色の付いたわらび餅です。^^

先生が作られた見本を写真に撮った後は、レッスンスタートです。
まず最初にわらび餅から作り始めました。
一番のポイントは、火の入れ具合でした。
わらび粉にしっかり火を通さないと、美味しくないのだそうです。
皆で交代しながら、じっくり生地(?)に火を通していきました♪

また、それと並行して柏餅の生地作りです。
生地作りはそんなに難しくなかったですが、みそあん作りもあった為かなり忙しく感じました。
柏餅作りでもいくつかのポイントがあり、とても勉強になりました。^^

そうして、ようやく試食タイムです♪
f0207936_15133868.jpg
先生が作ったものです。(4人分)
f0207936_15134398.jpg
先生が作ったわらび餅♪
f0207936_15134835.jpg
こちらは自分で作ったものです。^^
今回の1人あたりの持ち帰り分量は、柏餅が4つ(みそあん×2、よもぎ×2)です。
f0207936_15135252.jpg
わらび餅は、1人6つ。
持ち帰る方もいましたが、私は教室で食べました。^^

食べてみての感想です。
柏餅は、昔ながらの歯応えがあるタイプの柏餅だそうです。
食べてみたら、確かに歯応えがあってプリっとした食感でした。
手作りしたみそあんもとても美味しくて、1つ2つと食べられそうな柏餅でした♪
ただ、手作りのため固くなってしまうのが早いそうですが、電子レンジで10秒(翌日の場合は30秒ぐらい)温めるか、フライパンで焼くと美味しいそうです。
先生のオススメは、レンジよりもフライパンだそうです。^^

わらび餅は、黒蜜をかけて食べました♪
ぷるぷるで、黒蜜の甘さと香ばしいきなこの風味がとっても美味しい!
スーパーで売っている、パックのわらび餅とは比べ物にならないぐらい美味しかったです^^
作り方もそんなに難しくなかったし(加熱の見極めだけ、失敗しなければ)、家でも作りたいです♪


今回のレッスンで、「和菓子の会」全12回の受講が終了しました。
ちょっとした簡単なものから難しいものまで、1年間で全30品(ホームページより)習えてとても楽しかったです。
1カ月に1回というゆったりとしたペースだけど、1回のレッスンで2~3種類の和菓子を習えるので、満足度も高かったです。^^
習った和菓子の中で、唯一きびぜんざいはちょっと苦手な味だったけど(私の味覚の問題)、それ以外は美味しく食べられました♪
習って良かったです。^^

また機会があったら、ベターホームさんの他のコースも受けてみたいなと思いました。
[PR]
今日は、ベターホームの「和菓子の会」へ行ってきました♪
まずは、先生の作った見本から載せます。^^
f0207936_1717482.jpg
桜餅2種(関東風・関西風)と、すはまです♪
f0207936_17175359.jpg
一度に関東風と関西風の両方を習えるのって、いいですね。^^
f0207936_17175977.jpg
すはまです。
青きなこを使って作る生地で、「早蕨・えんどう豆・そら豆・串だんご」の4種類を作ります。^^
f0207936_1718560.jpg
先生のアレンジ作品も並べられていました。
手前が桜の塩漬けを使ったもので、奥にあるのが苺を使ったものです♪

レッスンが始まり、先生のお手本を見てから実習タイムとなるのですが、今日はレッスン中に地震があってビックリしました。
結構揺れた上に、揺れている時間も長かったものだから、かなり怖かったです。
しかし、どうにか作り終わって試食タイムに。^^
f0207936_17181072.jpg
各テーブルに配られた試食分です。
f0207936_17181414.jpg
自分で作ったものです。
もうちょっと、ピンク色が薄い方が良かったかなと思いました。(^^;

それでは、食べてみての感想です。^^
f0207936_1718198.jpg
・桜餅2種(関東風・関西風)

作るのは、関西風の方が手間もかかるし難しいと思いました。
手水をつけて成型するのですが、ちょっとの量の手水だとすぐに手にくっつくんですよね。(^^;
かといって大量に手水をつけると、せっかくの桜餅が水っぽくなってしまうし。

関東風は簡単でした。
焼いて、あんこをくるくるっと巻いて、クレープ感覚。^^
美味しかったです♪
f0207936_17182323.jpg
・すはま

すはま、作るのも食べるのも初めてでした。
なので、HPで写真を見た時はあんまり期待していなかったんです。
なんだか緑色だし、地味だし。(ごめんなさい^^;)

でも、作っている時から青きなこのいい香りがして、食べたらとっても美味しかったです!^^
f0207936_17182943.jpg
上から見るとこんな感じです。
左上にあるのが「えんどう豆」、その右側にあるのが「早蕨」、右下にあるのが「串だんご」で、左下にあるのが「そら豆」です。^^


早いもので、ベターホームの和菓子の会も残すところあと1回となりました。
全12回を1年かけて受講していくのがベターホームなのですが、振り返るとあっという間でした。
ラスト1回もとても楽しみです♪
[PR]
今日は、ベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
今年はうさぎ年ということもありますが、うさ飼いの身としてはとてもとても楽しみな回です。

まずは、先生の作った見本から。^^
f0207936_15165215.jpg
今回、じょうよまんじゅう(うさぎまんじゅう)だけでなく、こしあんとつぶあんもあずきから作ります。
f0207936_15165727.jpg
さて、私にも可愛いじょうよまんじゅうが作れるかな?
f0207936_1517157.jpg
自分達で作ったあんこ2種。
こしあんを作るのが、結構怖かったです。(^^;
何が怖いって、捨ててはいけない本体の方を、つい捨てそうになることです。(^_^;;
f0207936_1517613.jpg
じょうよまんじゅうの仕上げの前に、試食タイムとなりました。
これは先生が作ってくれたものです。^^
じょうよまんじゅうだけでなく、あんこもちょっとづつ食べました。
f0207936_15171175.jpg
一緒に、「毎日しょうがつぶつぶ入り」を使ったクラッカーと、大根のお漬物も。^^

試食した後、蒸し上がったおまんじゅうに目と耳を入れて完成です♪
f0207936_15171561.jpg
どうでしょう?
f0207936_15171826.jpg
団子三兄弟ならぬ、うさぎ三兄弟。^^
f0207936_15172279.jpg
今回の持ち帰り分は、こんな感じです。
あんこは2つ合わせて340gぐらいありました。
(このあんこであんぱんを作ろうと思っているので、家に帰ってから計ってみました♪)

今回受講してみて感じたのは、あんこをあずきから作るのは思っていたより難しくないということと、じょうよまんじゅうが思いのほか難しかったことです。
生地が柔らか過ぎても蒸した時にヒビが入ってしまうし(でも、柔らかい生地で作った方が美味しいそうです)、生地が上手く出来ていても火加減が強すぎるとやっぱりヒビが入ってしまうんですね。
“あんこを包んで蒸すだけ”と聞くと簡単そうに思えるのですが、和菓子はレシピとして文字に見えていない部分が難しいですね。
手作りのあんことじょうよまんじゅう、とっても美味しかったです♪

家で撮った写真です...(More)
[PR]
今日は、ベターホームの「和菓子の会」を受講してきました。^^
習ったのは、

初釜
~ねりきり(椿・早春)&うぐいす餅~

です♪
まずは先生の作った見本から。
f0207936_1438612.jpg
ねりきりの「椿」なんですが、色のぼかし方がそれぞれ違うんです。
また、「早春」も「椿」とは異なるぼかし方だったりします。

今回、ねりきりが結構難しく感じたのですが、先生の見本はさすがにキレイです。^^
f0207936_14381110.jpg
別の角度から。
柔らかそうなうぐいす餅が、美味しそう~♪
f0207936_14381629.jpg
ねりきりをアップに。

さて、実習はというと、うぐいす餅は凄く簡単でした。
どれぐらい簡単かというと、「お正月用に買ったきなこも余っているし、おやつにうぐいす餅作ろうっと。」と思えるぐらい。
(青きなこじゃなく、普通のきなこでも美味しく作れます。^^)

けれど、ねりきりの方は結構難しかったです。
何が一番難しくさせているかというと、教室は広くて乾燥してるから、生地が乾いて固くなってしまうんですね。
その状態で成型しようとしても、なかなか上手く出来ないわけです。
濡らしたフキンで包んだぐらいじゃ全然駄目で、濡らした手で成型したらすんなりと作ることが出来ました。
と、ここまで書いて「パン作りと一緒なんだなぁ。」と気付きました。(^_^;

ねりきりに苦戦しつつ、どうにか作り終わって試食タイムに。
f0207936_14382046.jpg
先生が作ったもので、皆で試食です。
感想はというと・・・。

・うぐいす餅

お餅が苦手な私でも、とても美味しく食べられました。
ぎゅうひがなめらか&柔らかで、中のこしあんもとってもなめらか。
凄く簡単に作ったのに、この美味しさは凄い!と思いました。

・ねりきり

ねりきり生地と、中のあんこが一体となって美味しかったです。
(ねりきり生地も、あんこもしっとり。)
特に、早春の抹茶生地が美味でした♪

試食の後は、自分達で作ったものを容器に詰めて、後片付けです。
f0207936_14382579.jpg
4人分のうぐいす餅♪
f0207936_14382994.jpg
悪戦苦闘の末、ようやく完成した練り切り。^^
f0207936_18323372.jpg
自宅にて、集合写真。(笑)

ねりきりに苦戦したけど、「作った~!」という達成感が非常に大きなレッスンでした。^^
うぐいす餅もお手軽・簡単なのにとても美味しいし、家で復習して、出来たてを家族に食べてもらいたいなぁと思いました♪
[PR]
今日は、ベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
f0207936_11212215.jpg
習ってきたのは、

新年の祝
~菱花びら餅&ゆずロール~

です。^^
花びら餅、食べたことはありますが作るのは初めてです♪
f0207936_11212789.jpg
今回は3人で実習をしたのでかなりバタバタしましたが、どうにか試食タイムにこぎつけました。(^_^;
さて、お味はというと・・・。


・菱花びら餅

ぎゅうひの柔らかさにビックリ!
今まで、お店で売ってるのを買ってきて食べたことはあるのですが、それと比べるとぎゅうひが凄く柔らかくて、とても美味しかったです。
ちなみに、成型する時はその柔らかさに苦労もしましたが、食べたらとっても美味しくて苦労した甲斐がありました。(笑)
柔らかいぎゅうひ、優しい味の味噌あん、蜜ごぼう・・・一緒に食べるとホント美味でした。

・ゆずロール

バターの入らない、軽めのロール生地とゆずの入った抹茶あんがとても美味しかったです。
中のあんが結構しっかりとした食感なのですが、ゆずの風味が利いているからさっぱりとしていて幾つでも食べられる、そんなお菓子でした♪
作り方も簡単なので、菱花びら餅より気軽に作れそうです。^^
f0207936_11213226.jpg
3人分のゆずロール。
こうして並べると、迫力があります!?

そして、自宅で撮った写真も載せてみます。^^
f0207936_11214598.jpg
ゆずロール、家族にも好評でした!
とっても簡単で美味しいので家でも作りたい1品です。^^
f0207936_11215186.jpg
菱花びら餅です。
成型が予想以上に難しかったですが、あの柔らかさは手作りならではだなと思いました。
[PR]
今日は、ベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
f0207936_20455881.jpg
上の写真は、先生のお手本です。
今回習うのは、

~冬じたく~
・黄身しぐれ
・利久まんじゅう
・淡雪かん(デモンストレーション)

の3品です。^^
f0207936_20463100.jpg
手前にあるのが淡雪かん、奥にあるのが利久まんじゅう。
淡雪かんは先生によるデモンストレーションのみで、生徒の実習はありませんでした。
黄身しぐれを作る時に卵白が余ってしまうのですが、その余った卵白でささっと作れる和菓子でした♪
f0207936_2046736.jpg
黄身しぐれです。

さて、今回実習を行う和菓子(利久まんじゅう&黄身しぐれ)はどちらも素朴な見た目です。
なんとなく簡単に作れそうな気がしてしまうけれど、習ってみたらどちらも結構難しいポイントがありました。
黄身しぐれなら生地の見極めが、利久まんじゅうは生地がとても柔らかい為、あんを包むのがなかなか難しかったです。

実習の後は、試食タイムです♪
f0207936_20461266.jpg
先生が作った利久まんじゅう&黄身しぐれ。
f0207936_20461643.jpg
温かいお茶と一緒に。^^
デモンストレーションのみの淡雪かんも、試食します♪
f0207936_20462045.jpg
自分で作った分は、お持ち帰りとなりました。
今回は、利久まんじゅう×3個、黄身しぐれ×3個を持って帰ってきました。^^

以下、食べてみての感想です。
f0207936_20462440.jpg
・黄身しぐれ

食感も、甘さもとっても優しいです。
生地はしっとりなめらかで、中のあんこと一体化している感じ。
一口食べると、黄身の優しい風味が広がってとても美味しい。^^

作り方のポイントとしては、とにかく生地作りが重要で、これを間違えるとヒビが入らなかったり、逆にヒビが開き過ぎてしまったりするのだそうです。
あんを包むのは、難しくなかったです。^^
f0207936_20462817.jpg
・利久まんじゅう

結構、大きさがあってボリュームがあります。
完成して、粗熱がとれた状態のものを食べたら、中のあんこがほかほかで美味しかった♪
皮は黒糖の風味が良く、こちらも美味しかったです♪

こちらの作り方のポイントは、生地の扱い方とあんこの包み方でした。
「あんこを包む」と言っても、生地の違いでこんなにも難易度が変わるものなんだなぁと思いました。

その他、授業では和菓子の名前の由来や美味しいお茶の入れ方のレクチャーなどもあり、とても楽しかったです。^^
[PR]
今日はベターホームのお料理教室(和菓子の会)へ行ってきました。^^
振替の為、いつもとは違う教室に遠征です。
f0207936_1603083.jpg
こちらは、今年の4月に移転したばかりの銀座教室です。
新しい教室なので、とっても綺麗♪
f0207936_160412.jpg
実習を行う教室は、こんな感じです。
窓が大きくとられていて、開放感がありました。^^
f0207936_1604937.jpg
今回習う、「秋のみのり ~くり茶巾&黄金いも~」のお手本です。
栗&さつまいも、秋の味覚を使った和菓子です♪
f0207936_1605417.jpg
試食用に配られたものです。
f0207936_16105.jpg
今回の1人あたりの持ち帰り量は、くり茶巾が4個、黄金いもが3個でした。^^
f0207936_161922.jpg
味の感想はというと、

・くり茶巾

栗の味がとっても濃厚で、一口食べると栗の味と香りが広がります。
栗の実の粒々感が残っているのに、口当たりがなめらか。^^
とっても美味しかったです♪
茶巾絞りについて、詳しく教えてもらうことが出来ました。
食べ頃は当日。冷蔵で保存出来るのは翌日までで、それ以上保存したい場合は冷凍すると良いそうです。

・黄金いも

さつまいもあん作りや、包あん、成型作業が楽しかったです。^^
食べ頃は翌日~翌々日だそうで、密封容器で一晩おくとしっとりして更に美味しくなるそうです。
(作った当日に食べると、皮がクッキーのような固さです。)
これもくり茶巾同様、美味しかったです♪

どちらも見た目に派手さや豪華さはないけれど、とっても美味しかったです。
くり茶巾は、簡単なのに本当に美味しくて。
必要な材料も「え、これだけ??」と思うぐらい少ないので、家庭でも気軽に作れると思います。^^
[PR]
今日はベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
習ったのは

重陽の節句
~ねりきり(菊・紅葉)&きびぜんざい~

です。^^
まさに明日が重陽の節句、いいタイミングで受講することが出来ました♪
f0207936_1423488.jpg
こちらは先生の作った見本です。
ちょっと分かりづらいのですが、紅葉には二色の生地が使われています♪
f0207936_14235548.jpg
こちらも先生がつくったものです。(試食用)
こう見ると、「真っすぐ線を入れるだけだし簡単そう!」って思いますよね。
でも、実際に作ってみたら、真っすぐ線を入れる作業が難しかったです。(^_^;
f0207936_14235913.jpg
自分で作ったねりきりです。
生地に色をつけるところから、各自それぞれの作業となりました。
同じ材料&同じ作り方で作っても、メンバーそれぞれで色の濃さや模様のつき方が違うので面白いと思いました。^^
f0207936_1424490.jpg
きびぜんざいも完成して、試食タイムです。
(お椀が見苦しいのは目をつぶってやって下さい。^_^;)
f0207936_1424888.jpg
それぞれの感想はというと・・・。

●きびぜんざい

実は、私はお餅が食べられないのです。(>_<)
でも、あんこは全部食べたし、もちきびも5口は食べたのでその上での感想です。

あんこは甘過ぎず、上品な味でした。
もちきびは、ほのかに甘い香りと風味があって、プチプチとした食感でした。
お餅が大丈夫なら、美味しく食べられると思います。
(残したのは私ぐらいでした。^_^;)

作り方も、炊飯器で炊く方法と電子レンジで炊く方法を教えてもらいました。
すごく簡単に作れるので、お餅がNGじゃなかったら家でも作っていたと思います。(>_<)

●ねりきり(菊・紅葉)

ねりきり、一度作ってみたかったんです。
ねりきり生地の見極めが大事で、火の入れ具合(練り具合)を先生が何度もチェックして下さいました。
成型も、簡単そうに見えて難しかったです。
味はというと、あんこの優しい甘さとなめらかな食感が美味しかったです♪
熱いお茶と一緒に食べると、美味しさがさらにアップしました。^^

そして、ベターホームでは1月にもねりきりを習う回があるのですが、今月のそれとは作り方というか材料が違うんだそうです。
(今月の方が、簡単な作り方だとか。)
1月に習うねりきりが、どんな風に作るのか楽しみになりました。^^
[PR]
今日はベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
習ったのは

夏遊び
~ずんだだんご・いそべだんご・くりようかん~

です。^^
まずは先生のお手本から載せます。
f0207936_1451456.jpg
全体図(?)はこんな感じです。^^
f0207936_1451112.jpg
くりようかんがツヤツヤで美味しそう♪
f0207936_14511893.jpg
いそべだんごと、ずんだだんごのアップです。^^
f0207936_14512311.jpg
先生が用意して下さった試食分です。
f0207936_14512936.jpg
自分達で作ったお団子。
(ようかんはこの時点でラップに包んでいたので、撮っていません。^^;)

実習の感想はというと、先月の盛夏の輝き(夏衣&水辺)よりは簡単だったのですが、1人欠席されて3人で作ったので結構忙しかったです。
そして、先月よりは簡単だったとはいえ、あんこをお鍋で練ったり美味しいお団子を作るコツを教えてもらったりと、充実したレッスン内容でした♪
f0207936_14513689.jpg
自宅でも撮ってみました。
今回、1人欠席されたので持ち帰り分が少し多くなっています。
(ずんだ団子×2本、いそべ団子×2本、くりようかん×4切れをお持ち帰りとなりました。^^)

味はというと、実は私、あんまりお団子って得意じゃないんです。(^^;
特にシンプルな焼き団子(いそべ団子)はちょっと苦手でした。
でも、今日習ったいそべ団子は普通に食べられたんです。
お団子がもっちり弾力があって、それでいて歯にくっついたりもせず美味しく食べられました♪

くりようかんは、蒸し羊羹と水羊羹のちょうど真ん中のような食感で、甘過ぎず、栗とあんこの味を楽しめる美味しいようかんでした。^^
重たくないので、暑い時でも美味しく食べられます♪
[PR]
今日はベターホームの「和菓子の会」を受講してきました♪
早いもので3回目です。^^

習ったのは「盛夏の輝き(夏衣&水辺)」。
先生が前日に作った見本から載せますね。
f0207936_16153123.jpg
手前にあるのが「夏辺」で、奥にあるのが「夏衣」です。^^
水辺は「清流に鮎が泳ぐ涼やかな夏の錦玉かん」だそうです。
鮎の姿、見えるでしょうか。^^
f0207936_16153718.jpg
抹茶かんで藻が入った水底を、ねりきり生地で川底の小石を、ようかんで鮎を、錦玉かんで水を再現しています。
和菓子の会でも1、2を争う超大作です!(笑)
f0207936_16154242.jpg
こちらは夏衣です。
水辺に比べれば、だいぶシンプルな作りです。^^

見本を写真に撮った後、いよいよ授業です。
夏衣はそんなに難しくなかったです。
水辺も前半はそんなに難しくなかったので、「思っていたより簡単?^^」と安心していたら最後の方が本当に難しかったです。
錦玉かんに、鮎を泳がせるのがこんなに難しいものだったとは!
(詳しい作業の流れは、ベターホームのHPに掲載されていたりします。授業の一部を掲載するとは、太っ腹!^^)

それでもどうにか完成。
自分達で作った水辺を冷やし固めている間に、先生が作った和菓子で試食タイムです♪
f0207936_16154868.jpg
夏衣は、外側の部分がぷりっとしていて、中のあんこには“ゆかり”が入っているのでサッパリとしていました。^^
水辺も、砂糖が結構入っているにも関わらずそんなに甘くなくて、とても美味しかったです。

試食タイムの後、ようやく固まった水辺をカットします。
f0207936_16155386.jpg
カット前は結構大きいので、迫力があります。(笑)
f0207936_1615596.jpg
それぞれ3個づつお持ち帰りとなりました♪

今回の授業もとても分かり易かったです。
デモンストレーション中に、「なぜ(上白糖ではなく)グラニュー糖を入れるのか」「なぜ水あめを入れるのか」「どうしてよく練るのか」等々、ちゃんと「理由」を教えてくれるんです。
理由を教えてくれるから、覚えやすいんですね。
ベターホームは少人数制ではないけれど、大事なところやちょっとしたコツは何度も繰り返し言ってくれるので(たとえば、かんてんの扱いだったら、かんてんが出てくるたび毎回説明してくれます)自然と覚えられます。^^
f0207936_1616544.jpg
自宅でも撮ってみました。^^
(鮎の尻尾が水面に出てますね。^^;)
夏衣は冷やして食べたら、より一層美味しかったです。
水辺はまだ食べていません、夜食べようと思います♪

それから、今日の授業は2時間半ぐらいかかりました。
(冷やし固めるのに時間がかかりました。)
授業のすぐ後に予定を入れるのは危険かもしれません。(^^;
[PR]