タグ:和食基本技術の会 ( 7 ) タグの人気記事

ベターホーム協会さんの、和食基本技術の会(6月)を受講してきました。
※1ヵ月遅れでの記事更新です。
※リンク先の実習内容はリニューアル後のものとなっている為、今回のレッスン内容とは習うメニューが異なっています。

今回習ってきたのは、

・親子丼
・きんぴらごぼう
・みょうがのみそ汁

の3品です。
親子丼もきんぴらごぼうもお味噌汁も、高校の家庭科実習ぐらいで習う基本的なものですね。
私も、親子丼は家でも何度か作ったことがあります。
けれど、なぜだか自分が想像する親子丼とはちょっと違うものが出来てしまうのです。具は同じだから食べれば味は親子丼なのだけれど、どうにも見た目が納得いかないというか。
なので、今回のレッスンも受講する前から楽しみにしていました。

そしてさっそく、先生が作ったものからアップしますね。
f0207936_23293649.jpg
シンプルな3品ですが、ザ・和食って感じでいいですね。
f0207936_23294380.jpg
玉子がところどごろ半熟で、とろっとしている親子丼。
f0207936_233061.jpg
さっぱりとしたみょうがの味噌汁。
私が通っている教室だけかもしれませんが、仙台味噌で作っています。
きんぴらごぼうの見本は撮り忘れてしまいました。(^^;


そして、自分達で作ったものです。
f0207936_23301360.jpg
ボリュームある丼ランチになりました。
f0207936_23302095.jpg
・親子丼

家で作った時に、納得いかない見た目になる原因がわかりました。
全く想像していなかったポイントで、間違っていたのです。
習った時に、「なるほど、確かにそりゃそうだよね」とすぐに納得出来ました。
これはすぐに家で復習したいです。
そして親子丼の具だけでなく、ご飯にもちょっとした気遣いがあることで、具とご飯の馴染み方がベストマッチでした。
とっても美味しかったです。
f0207936_23302666.jpg
・きんぴらごぼう

これぞきんぴらごぼう、でした。
お惣菜コーナー等で売っている、市販のきんぴらごぼうとはシャキシャキ感も味付けもだいぶ違います。
これぞおふくろの味、でしょうか。
美味しかったです。
f0207936_23303227.jpg
・みょうがのみそ汁

煮干しの下処理から始まる、お味噌汁のレッスンです。
正直、煮干しの頭やはらわたを取ったの、ものすごく久しぶりでした。
昔、家の手伝いで、そうやって煮干しの下処理をしたのを思い出しました、懐かしいです。
暑い夏にぴったりな、すっきりとしたお味噌汁で美味しかったです。


そして今日のレッスンで、前から気になっていた包丁を注文しました。
f0207936_2330401.jpg
ベターホームさんの商品券が3000円分手元にあったので、それをあてて購入しました。
教室の包丁、ものすごく切れ味がよくて随分と昔から気になっていたのです。
せっかくなので、別料金になるのですが、名前も入れていただくことにしました。
出来上がりが楽しみです。^^


さて、レッスンを受けてから数日後。
さっそく自宅で親子丼を作ってみました。
f0207936_12434522.jpg
親子鍋も、ずいぶん昔にベターホームさんで買ったものです。

材料さえ準備してしまえば、あとは合っというまです。
火にかけて、出来上がり!
f0207936_1243559.jpg
どうでしょうか、家でこの親子丼を作れたら上等ではないでしょうか。^^
このふわっとした親子丼を作るには、意外なところにポイントがあったのですね。
そのポイントそのものは難しいことじゃないんですが、知らないとどうしても卵が固くなってしまうのです。

今回のレッスンも受講して良かったです。
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食基本技術の会(4月)」を受講してきました。
※リンク先の内容は、リニューアル後のものとなっています。そのため、リンク先の実習内容と、本文の実習内容に違いがありますのでご注意下さい。

今月習ったのは、

・つくね
・たけのこごはん
・うどとアスパラのあえもの
・きんとき豆の甘煮

の4品です。
今回受講するにあたって、つくねと、土鍋で炊くたけのこごはんが気になっていました。
我が家にも土鍋はあるのですが、鍋物をしたことはあってもご飯を炊いたことがありません。
土鍋でご飯を炊く際のコツを覚えるチャンスです。
(ちなみに、土鍋なんですが、ベターホームさんの他の会を受講したのがきっかけで購入しました。それまでは、鍋としても使用できるホットプレートでお鍋をしていました。土鍋は火からおろしても、食べ終わるまで保温してくれてとてもいいですね。)

いつもの時間で4品を作るのは、かなり慌ただしいのではと思っていましたがそうでもありませんでした。
あくせくすることなく、お料理の完成です。
まずは先生が作って下さったものから。
f0207936_1401930.jpg
春らしい食卓となりました。
f0207936_1403646.jpg
つくねは、生地作りの基本や、どうしてつくねという名前なのか、そこから教えていただきました。
だいぶ大昔にベターホームさんでハンバーグを習ったことがあるのですが、そのことを思い出しました。
生地の混ぜ方や、どれぐらいこねたらよいかということを、とてもわかりやすく説明していただけるんです。
なので、我が家のこういうひき肉料理は、ベターホームさん流になっています。(笑)
f0207936_1404793.jpg
土鍋で炊いた、たけのこごはん。
木の芽があると、ぐっと雰囲気が出ますね。
食べてみてのレポートは、また後程。とても美味しかったです。
f0207936_1405488.jpg
うどは、食材として買ったこともなければ、自分で調理したこともありませんでした。
自分で使ったことのない素材の扱い方を覚えられたのが大きかったです。
f0207936_141495.jpg
手軽に作れる甘煮です。


そして、自分達で作ったものはこちらです。
f0207936_1411166.jpg
今月は、紙のランチョンマットが配布されました。いつもと雰囲気が違います。(笑)
ベターホームさんが「家のごはんフォトグランプリ」というのを開催されていて、それのお知らせも兼ねているようでした。
お料理教室で習ったものや、ベターホームさんのレシピで作ったお料理の写真が対象のようです。(料理教室で作った写真はダメなようですね)
生徒さんじゃなくても参加出来るようなので、興味のある方はぜひご一読されてみてください。^^

それでは、食べてみて&作ってみての感想です。
f0207936_141211.jpg
・つくね

つくねは、作り方は和風ハンバーグといった感じでした。
どれぐらい捏ねるのか、丁寧に教えていただけるのでハンバーグを受講されていない方なら、そのままハンバーグを作れると思います。(笑)
私は肉臭みが苦手なのですが、臭み消しとなるものが入っているので、美味しくいただけました。
付け合せも、ものすごくシンプルな味付けなのに美味しかったです。
f0207936_1412910.jpg
・たけのこごはん

今回のメインディッシュは、私はこの「たけのこごはん」のように感じました。
まず、とても美味しいんです。びっくりします。
炊飯器で炊く、炊き込みご飯と全然違うのです。
余分な水分が、土鍋に吸収されているんでしょうか、水分加減が本当によくて一粒一粒が美味しいというか。
家でも、炊き込みご飯を作るなら土鍋で作ろうって、心底思いました。
しかも作り方はそんなに難しくないのです。ポイントさえ分かれば、火加減調整以外はほったらかしで作れるのでとても簡単でした。
今回のレッスンで一番驚かされたのが、たけのこごはんでした。本当に美味しかったです。
これは家でもぜひ作りたいです。
f0207936_1413635.jpg
・うどとアスパラのあえもの

うどは春の山菜なのですが、私は買ったことがありません。
以前暮らしていた街では、身近にあったスーパーでうどを売っているのを見たことがありませんでした。
下処理が少々必要ですが、調理はさほど難しくない1品です。
お味は、さっぱり&ほろにがいといった感じで大人向けですね。
たけのこごはんや、つくねによく合います。
美味しかったです。
f0207936_1414517.jpg
・きんとき豆の甘煮

煮豆は、スーパーにいけばレトルトパウチのものが売られているのですが、自分で作ると甘さも調整出来ていいですね。
今回は乾物の豆ではなく、缶詰の豆を使用したので最初から煮ることが出来ました。
すぐに作れて、簡単で良かったです。
豆(缶詰)、教室で売っていたので1缶買ってみました。
こちらもさっそく作ってみようと思います。


そして、レッスンを受けた翌日。
自宅で作ってみました。
土鍋で炊いたたけのこごはんが本当に美味しくて、作らずにはいられなかったのです。^^
f0207936_1415327.jpg
土鍋いっぱいに炊きあがりました。
レシピ通り(4人分)です。
f0207936_14203.jpg
つくねと、煮豆も作りました。
あいにく、近所のスーパーでは木の芽を売っていなかったので、木の芽なしで。
あると雰囲気が変わるのですが、入手できなかったのが残念です。
f0207936_142776.jpg
材料は近所のスーパーで売っているものが殆どですし(例外は木の芽でしたが)、家でも本当に作りやすくて、美味しく作れて良かったです。
習ってすぐに家で作れる、その実用性がとてもありがたいです。
来月のレッスンも楽しみです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食基本技術の会(3月)」を受講してきました。

レッスン開始前に、先生が「とんかつは、以前は“基本料理の会 洋風・中国風”の中にあったのですが、現在ではすっかり和食として馴染んでいるということで、和食基本技術の会で~(要約)」と仰っていたのですが、私は随分前に基本料理の会 洋風・中国風で「ポークカツ」を習ったことがあったので、懐かしく思いながら聞いていました。
そして、家に帰ってきてから今回の「とんかつ」と、以前の「ポークカツ」のレシピを見比べてみたのですが、作り方はほぼ同じなんですがレシピがちょっと違うんですね。(ソースは、ポークカツの方は洋食ということで、ワインを使っていたり。)
へぇ~と思ったものです。

では、ポークカツの話はこのへんにして、今回のレッスンの様子を書きます。
f0207936_1224639.jpg
今回習うのは、

・とんかつ
・あさりのみそ汁
・ふきと油揚げの田舎煮

以上の三品です。
f0207936_1225453.jpg
カリっと揚がったとんかつに、
f0207936_123160.jpg
シンプルなあさりの味噌汁、
f0207936_123841.jpg
ふきと油揚げの田舎煮。

ふきは、調理したこともなければ、食べたこともあまりありませんでした。
なので、下処理の方法からじっくり教えていただけて良かったです。

そして、自分達で作ったものがこちらになります。
f0207936_123165.jpg
ボリュームたっぷり!
f0207936_1232413.jpg
ソースと練りがらしでいただきます。
f0207936_1233343.jpg
・とんかつ

以前(だいぶ前)に習ったポークカツと、作り方はほぼほぼ同じです。
基本のコースなので、キャベツの千切りも丁寧に教えていただけます。
手間暇はあまりかかrないので、家でも作りやすいですね。
サクっとアツアツで美味しかったです。
f0207936_1234074.jpg
・あさりのみそ汁

とてもシンプルなみそ汁です。
貝が具の場合、あるものが要らないということを初めて知りました。
とても簡単に作れて、良かったです。シンプルですが美味しいです。
f0207936_1234774.jpg
・ふきと油揚げの田舎煮

調理したことが全くなく、食べたこともあまりない「ふき」でしたが、下処理は簡単だったし味も美味しかったです。
ふきが食卓に登場すると春を感じられるということで、家でも作りたいなと思いました。
見た目の派手さはありませんが、地味に美味しい1品でした。


今回も、楽しく美味しいレッスンでした。
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食基本技術の会(2月分)」を受講してきました。
(ホームページはリニューアル後のものに変わっているため、受講した内容と違いがあります。ご注意下さい。)

今月は、

・五目ずし
・菜の花のからしあえ
・すまし汁

以上の3品を習いました。
では、先生の作ったものからどうぞ。
f0207936_202534100.jpg
和食「基本」技術の会ということで、シンプルに3品です。
f0207936_20254683.jpg
海老が、バレンタインらしくハート型に。(笑)
f0207936_20255263.jpg
色よく茹でられた菜の花。
f0207936_20255919.jpg
生麩とみつばのシンプルなすまし汁。

では、実際に作ってみた&食べてみた感想です。
f0207936_20261792.jpg
これで一人前です。
五目ずしがボリュームがあって、結構お腹いっぱいになります。
f0207936_20262584.jpg
それではお料理それぞれの感想を・・・
f0207936_2026322.jpg
・五目ずし

オーソドックスな五目ずしです。
派手さはあまりなくて、実直な見た目ですが、これが実に美味しいのです。
作るにあたって難しいことはないのですが、具材を丁寧に作るとこんなに美味しいんですね。
その具材も、スーパーなどで買いやすいものばかりです。
あと、かんぴょうが入っていなくて、代わりに別の食材が使われているのですがそれがまた美味しかった!
その食材が入っている五目ずしは初めて食べたのですが、ぴったりマッチしていました。

錦糸卵は、各自が一人ずつ焼いて細切りにするところまで体験できます。
確か、このコースは初心者さん向けのコースでもあるので、そういうところも良いですね。
f0207936_20263885.jpg
・菜の花のからしあえ

結構、からしが効いています、かなり大人向けの味です。
菜の花の茹で具合がとてもよく、太いところの歯ごたえとかとても好みでした。美味しかったです。
いい菜の花を使われているんだろうなと感じました。
f0207936_20264596.jpg
・すまし汁

とてもシンプルなのですが、こちらもとても美味しかったです。
生麩も美味しかったし、「結び三つ葉」も勉強になりました。
昆布とかつおでだしを取るんですが、丁寧にだしを取れば味付けや具少なくてもとても美味しいんだなと、しみじみ。


ベターホームで習うお料理は、派手さはそんなにないのですが(特に基本のコースですし)、味がとても自分好みでとても美味しいです。
五目ずしは家で作ったこともありますが、今日習ったレシピがとても美味しかったのでこのレシピでまた作ってみたいです。

そして今日のレッスンでは、月刊ベターホームの他にこちらも頂きました。
f0207936_2038155.jpg
洋食・中華おかずの基本が5月で修了となるので、何か追加して受講しようと思っていました。
そして本命が・・・、
f0207936_20382315.jpg
こちらのお肉料理の会だったのですが、残念なことに私の通っている教室では開講されないことが分りまして。
どうしようかなと考えて、こちらの会に申し込んでみました。
f0207936_20383710.jpg
お料理はじめての会です。(^_^;
(画像は一部加工してあります、終了のお知らせの部分です。)
かあさんの味と迷いに迷ってこちらにしました。
理由は、

・お料理はじめての会が、来年4月で終了になってしまうこと
・基本の基本を習うのは、これを逃したらもうなかなか機会がないかもしれない(自分の都合なのですが)
・習ってから自宅でリピートする確率が高そう
・鶏の照り焼き丼の写真があまりにも美味しそうなので

こんな感じです。(笑)
あと、お料理はじめての会に通われている方のブログ記事などをかなり拝見させていただいて、決めました。^^
まだ申し込んだクラスが確定されてないので、受講できるか分かりませんが、習えるといいなと思います。
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食基本技術の会(1月分)」を受講してきました。
今月のメニューは、

・だし巻き卵
・豚の角煮
・長いもの梅肉あえ

の3品です。
そして、なんと、豚の角煮をこちらの会で習えるのは今年で最後だそうです。教室で聞いてびっくりしたのですが、確かにホームページを見るとメニューがちょっと変わっているんです。
豚の角煮がすき煮に変更されているんですね。
思わぬところで、駆け込み受講となったようです。

ちなみに、私は遠い昔に今回の内容(もしかしたら少し変更はあったかもしれませんが)一度受講したことがあります。
あのころはまだ20歳ぐらいだったと思います、友達と二人で受講したのですがとにかくだし巻き卵に苦戦した記憶があります。
その時のおぼろげな記憶を思い出しながらの受講となりました。^^

まずは先生が作ったものから。
f0207936_1415744.jpg
今月は、先生方も大忙しの様子。
だし巻き卵は一人一人の実習になるので、それを見守ったりヘルプにまわったりされなくてはなりませんし、豚の角煮も基本的には火に任せっぱなしでよいのですが、煮上がりの見極め等があるのでお忙しそうでした。
f0207936_14151549.jpg
この綺
麗なだし巻き卵、さすがです。
焼き目がまったくついておらず、とても綺麗な黄色です。
f0207936_14152378.jpg
豚の角煮もとても美味しそう。
茹でる時に、あるものを入れるんですね。
それを入れると、臭み消しにもなるしもう1つ嬉しい作用があるのです。
f0207936_14153164.jpg
長いもの梅肉あえはとても簡単に作れる1品です。
こっくりした豚の角煮に、とても良く合う1品です。

そして自分達で作ったものがこちらです。
f0207936_14154552.jpg
前半はそんなに忙しくなかったのですが、盛り付け直前のあたりが結構忙しかったです。(笑)
しかし、だし巻き卵を各自で作れるのはいいですね。
f0207936_14155262.jpg
だし巻き卵は、銅製の卵焼き器で焼きます。
大昔に習った時よりは手が動いたのですが、それでもやっぱり焼き目がついてしまいます。(^^;
こればかりは幾つも作らないとですね。
食べてみると、ほんのり甘くてとても美味しかったです。
同じテーブルの方も「美味しい!」って仰っていました。
f0207936_14155897.jpg
豚の角煮、これがとても柔らかくて(とろけるようでした)、味もばっちりしみこんでいて本当に美味しかったです。
この豚の角煮も、会食の時に「美味しい!」って言いながら頂きました。
大昔に習って作った時よりも、とても美味しかったです。このへんは記憶があいまいなところがありますが。(苦笑)

この美味しさだったら、下茹でに時間がかかるとしても家でも作ってみたい・・・!
そう思える1品でした。^^
f0207936_1416519.jpg
そして本当に簡単に作れる長いもの梅肉あえ、さっぱりとしていて良い箸休めとなりました。


レッスンで習うメニューは以上で全てなのですが、お正月明けのレッスンということで先生方からサプライズがありました。
f0207936_14162297.jpg
お手製のぜんざいが振舞われました。^^
あずきは月刊ベターホーム1月号(今月号)に掲載されているレシピで煮られたそうですよ。
運が良ければ、お手製ぜんざいが振舞われることもあるのかもしれませんね。^^
私はお餅が苦手で、お雑煮のお餅も食べられないのですが、このぜんざいはお餅も美味しくいただけました♪
f0207936_1416291.jpg
今月の月刊ベターホームと、
ケフィアのお試しサイズ(2袋)を買って帰ってきました。
今日習ったものも美味しかったので、家で作りたいですね。
(銅の卵焼き器が欲しくなりました。)
f0207936_141636100.jpg
そして、つい最近ポークカツを作りました。
これは、2008年に「基本料理の会 洋風・中国風(2月)」で習ったレシピで作りました。(その会は現在はもうなくて、「洋食・中華おかずの基本」が後継なのかな?)
コールスローサラダとコーンチャウダーと一緒に習ったのですが、その2品も一緒に作りましたが美味しかったです。
習ってから年月がだいぶ経っても、作った時に「美味しい!」と思えるのがベターホームさんのレシピですね~。

今月のレッスンも、美味しくて習って良かったです♪
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食技術基本の会(12月分)」を受講してきました。
今月は、

・筑前煮
・紅白なます
・えびのつや煮

以上の3品を習います。
f0207936_2349172.jpg
筑前煮は、お肉やごま油が入るので「お煮しめ」よりもコクがあります。美味しいです。
f0207936_2349968.jpg
紅白なますやえびのつや煮も、手作りで。

今回も様々な材料を下処理していきましたが、梅花にんじんや手綱こんにゃくを覚えられるのがいいですね。
そして、自分達で作った分はこちらです。
f0207936_23493089.jpg
今回も、どれもハズレなし!
美味しかったです。
f0207936_23493850.jpg
・筑前煮
丁寧に作るので手間暇かかりますが、旨味やコクがしっかり染みてとても美味しい筑前煮でした。
野菜も一度にあれこれ食べられていいですね。
f0207936_23491854.jpg
・紅白なます
酸っぱ過ぎず、さわやかな紅白なますでした。
ぱくぱく食べられます。
私は酸っぱいものも好きなんですが、この紅白なますはとても美味しかったです。

・えびのつや煮

とても簡単に作れます。今回習った3品の中では、一番簡単に感じました。
シンプルに、えびの美味しさをいただけます。
f0207936_23495244.jpg
そして今日は、ちょこちょこっとお買い物も。
新刊の「ひとり分の和食」は、さっそく掲載されていた常夜鍋や炊き込みご飯を二人分で作ってみたりしました、美味しかったです。^^
缶詰は、景品でいただきました。(笑)
f0207936_23495928.jpg
また、今回習った筑前煮がとても美味しかったので、家でもさっそく作ってみました。
先月習ったふろふき大根も一緒に。
寒い日に温かい和食、いいですね。^^
[PR]
今月から、「ベターホームの和食基本技術の会」を受講することにしました。(週末のゆったりごはんと、30分の500kcalを修了してしまったので。^^)
新コースの「かあさんの味」と迷ったのですが、まずは基本からしっかり習ってみようかなと思いました。

今月のレッスン内容は、

・ぶりの照り焼き
・菊花かぶ
・ふろふきだいこん ゆずみそがけ
・ほうれんそうと黄菊のおひたし

です。
メニューを見ただけでも、なんだかほっとするのは和食だからでしょうか。
f0207936_20413369.jpg
こちらは先生がデモンストレーションで作ったものです。
f0207936_20414660.jpg
・ぶりの照り焼き&菊花かぶ

大きくて、厚みのある立派なぶりの切り身を照り焼きにします。
フライパンで手軽に作る方法もありますが、グリルでじっくり作ります。
f0207936_20415641.jpg
・ふろふきだいこん ゆずみそがけ
・ほうれんそうと黄菊のおひたし

どちらもシンプルなお料理ですが、その分食べた時に味がダイレクトに出ますね。
ゆずみそもお鍋で作ります。
f0207936_2042473.jpg
自分達で作ったものがこちらです。

ぶりだいこんは、魚の臭みを取るための下処理から教えていただけます。
たれを作り、それを魚に塗る時の分量なども教わりましたが、思っていた以上にたっぷりと塗るんですね。勉強になりました。
良い切り身を使っているのもあり、食べると身がふっくらとしていて美味しかったです。^^

菊花かぶも作り方はとてもシンプルです。
そして食べるとさっぱりとしていて(甘すぎない甘酢です)、ブリとよく合っています。

ほうれんそうのおひたしは、とてもポピュラーなものですが(高校あたりの家庭科調理実習でも習いそうですね)、黄菊が入るとまたちょっと違いますね。
おひたしの作り方を丁寧に習えます。

そして今回、一番驚いたのがふろふきだいこんです。
コンビニのおでんのだいこんより柔らかい!
お箸を入れた時に、抵抗が殆どないといいますか。
それぐらい柔らかいのに、全く煮崩れていないんです。驚きました。
手作りのゆずみそも美味しかったし、シンプルだけど「こんなに大根を美味しく煮ることが出来るんだ」と目からウロコでした。


次回のレッスンも、とても楽しみです。
[PR]