タグ:ベターホーム ( 101 ) タグの人気記事

ベターホーム協会さんの「週末のゆったりごはん(10月分)」を受講してきました。
早いもので、こちらの会は今回で修了です。
2014年11月に第1回を受けてから、もう1年になるんですね。

そんな「週末のゆったりごはん」のラストを飾るのは――

・牛肉の赤ワイン煮
・紫キャベツとクレソンのサラダ
・焼きりんご

以上の3品です。
牛肉の赤ワイン煮。この字面だけで既にごちそう感があります。(笑)

では、いつもの通り先生が作ったものから載せますね。
f0207936_2543619.jpg
全体像はこんな感じです。
1品ずつアップにしていきます。
f0207936_2544387.jpg
・牛肉の赤ワイン煮

大きな塊肉から作る、赤ワイン煮。
1人分も迫力があります。
f0207936_2545052.jpg
・紫キャベツとクレソンのサラダ

同じキャベツでも、紫キャベツになるとお洒落度が上がりますね。
見た目だけではなく、普通のキャベツと比べると嬉しい栄養価もあるようです。
f0207936_2545623.jpg
・焼きりんご

家でお母さんが作ってくれるシンプルな焼きリンゴと比べると、こちらもまたお洒落です。
中央にはプルーンがのっています。^^


今回の「牛肉の赤ワイン煮」、見るからにご馳走だし、作るのが難しそう・面倒くさそうに見えますよね。
ですが、習ってみたらそんなに難しくなく、また面倒でもありませんでした。

以下、作ってみた&食べてみての感想です。
f0207936_255451.jpg
会食の時の1人前はこれぐらいのボリュームです。
立派なランチで、味もお腹も大満足出来るものでした。
f0207936_2551232.jpg
・牛肉の赤ワイン煮

本日のメインディッシュです。
お肉は柔らかく、味もしっかり染みていてとても美味しい!
大きな塊肉を使うのはもちろん、ブーケガルニを用いたりブールマニエを作ったりします。
材料もたくさん使いますし、普通の煮込み料理だったらわざわざやらないようなひと手間を加えたりします。(先月習った、コンソメスープと似ている工程がありました。)
ですが、どの工程も1つ1つは簡単です。面倒なことはありません。
調理の方法も、家庭の台所で全く問題なく出来ます。特別な機械(フードプロセッサーだとか)も必要ありません。
ちょっとしたひと手間と、じっくりコトコト煮る時間さえあれば作れます。
旨味たっぷりで、それでいて濃すぎずいくらでも食べられそうな牛肉の赤ワイン煮でした。大変美味しかったです。
f0207936_25518100.jpg
・紫キャベツとクレソンのサラダ

こちらも簡単に作れるのに美味しかったです!
刻んだキャベツをしんなりさせる時って、普通は塩を使いますよね。
ですが、今回のこちらは――。
(レシピには著作権があるので、何を使うのかは受講してみてのお楽しみということで。^^)

食べてみると、塩の代わりに使ったそれがいい仕事しているなと分かりました。
散らしたくるみや、手作りドレッシングもマッチしていて美味しい。
こちらもいくらでも食べられてしまう美味しさでした。
f0207936_2553099.jpg
・焼きりんご

焼きリンゴは、子供の頃に家族が作ってくれたことがありました。
その焼きリンゴも素朴で美味しかった記憶があるのですが、習った焼きリンゴはそれに比べると洗練されているなと感じました。
美味しいです。プルーンも美味しい。
アイスともぴったり。


週末のゆったりごはん、最後の回は締めくくりに相応しい内容だなと思いました。
家でこんな美味しい牛肉の赤ワイン煮を作れたら、満点じゃないでしょうか。
どんなに美味しくても、見た目が豪華でも、「家で作れない、作りにくい」「習ったけど家で一度も作らなかった」ではもったいないですが、家でも作りやすいように考えられたレシピなので、そこが有難かったです。^^
f0207936_255387.jpg
教室に、先生がパンの回で作るパンを持ってこられたので、写真を撮らせていただきました。
半年で習うパンだそうです。^^

私は、11月からは現在受講中の「洋食・中華おかずの基本」と、「ベターホームの和食基本技術の会」の2つを受講していきます。
どちらも基本的なコースですが、楽しみです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「洋食・中華おかずの基本(9月)」を受講してきました。
今月のレッスン内容は、

・ぎょうざ
・酸辣湯(サンラータン)

の2品です。
「洋食・中華おかずの基本」は、コース名の通り基本的なおかずを習うコースです。
「ぎょうざなんて習わなくても・・・」と思えるぐらい、ごくごく普通に家庭で食卓に登場するメニューだと思います。
さて、ベターホームさんで習うと、どうなる!?

それでは、まずは先生が作ったものです。
f0207936_338853.jpg
餃子とスープ。今日はとてもシンプルな構成なので、撮るのが難しく感じました。
f0207936_3381735.jpg
伝わりにくい写真なのですが、焼き色が綺麗についたおいしそうな餃子でした。
f0207936_3382439.jpg
こちらは具だくさんの酸辣湯。
酸辣湯は、実は30分の500kcal献立(4月)でも習っています。
低カロリーな酸辣湯も美味しかったのですが、こちらの方が具だくさんでコクがあります。

そして、自分達で作ったものがこちらです。
f0207936_3383257.jpg
今回、一番勉強になったのはぎょうざの焼き方です。
今まで、家でぎょうざを作ったことはあるので、包み方などは分かっていました。
ですが、焼き方が自己流のそれとはずいぶん違ったのです。
(具体的には、水分を入れるタイミングと、その水分の温度にびっくりしました。)

今回習った方法ならば、きちんと火も通るし、失敗することなく(焦げたりせず)餃子を焼けると思いました。
f0207936_3385118.jpg
自分で焼いた餃子です。
焼き面はサクっとしていて、中の餡もパサパサせず美味しく出来ました。
1日6個なんですが、ぺろりといけます。
6個食べてもカロリーが200kcalちょっとなのも嬉しい。
f0207936_3385951.jpg
具だくさんの酸辣湯も美味しかったです。
いろんな材料を使います。
作り方自体はそんなに難しくなく、材料さえあれば家でも簡単に作れると思います。



そんなわけで、受講してから数日後。
自宅でもぎょうざと酸辣湯を作ってみました。
f0207936_339823.jpg
餡を作り……、
f0207936_3391510.jpg
それを全部包みました。25個になりました。
(この写真には、全部写っていません。)
f0207936_3392238.jpg
出来上がり。

25個のぎょうざが、あっという間に消えていきました。
外食で食べるぎょうざよりも割合あっさりとしていて、食べやすいです。
酸辣湯も一緒に作ったのですが、こちらも美味しいと好評でした。


ぎょうざはごちそうの部類ではありませんが、家でも美味しく作れると嬉しい1品ですね。
習って良かったです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「週末のゆったりごはん(9月分)」を受講してきました。
今月習うメニューは、

・ほうれんそうとベーコンのキッシュ(直径14cm)
・きのことほたてのアンチョビ風味
・手作りコンソメスープ

以上の3品です。
実は、受講する前は「キッシュときのこのお料理は美味しそう、でもコンソメスープは具もないし」と、スープには殆ど期待していなかったのです。(ごめんなさい^^;)
ところが作ってみたら……!

ということで、今回のレッスンのレポートです。^^
f0207936_3384870.jpg
こちらは先生が作ったものです。
長方形のキッシュは自宅で作ってきて下さったようで、実際に作るキッシュは直径14cmの丸型となります。
f0207936_3385778.jpg
この手前にあるキッシュが、実際に自分達で作るキッシュですね。
結構大きいです。
f0207936_3392035.jpg
今回のレッスンでは、キッシュの生地を作るところから習えます。
生地作りを省略されず、ちゃんと習えるのが嬉しいですね。
f0207936_3392787.jpg
きのことほたてのアンチョビ風味は、材料が結構いろいろと必要なんですが、材料さえあれば作ること自体は手軽に出来る感じでした。
f0207936_3393377.jpg
濁りがない、とても綺麗な手作りコンソメスープ。
正直、具がないので見た目は寂しくもあるんですが、そのお味はというと……!?
f0207936_339417.jpg
自分達で作ると、このような感じに完成しました。
キッシュは1人1台作るので、当然1人1台食べることになります。
持ち帰りはNGとのことだったので、このレッスンを受ける方はお腹を空かした状態で受講されることをお勧めします。(笑)
f0207936_3493334.jpg
・ほうれんそうとベーコンのキッシュ

ほうれんそうとベーコンのキッシュ、という名前ですがほうれんそうとベーコン以外にも、マッシュルームやたまねぎ、グリュイエルチーズ等が入っていて美味しかったです。
教室では持ち帰りが出来ないのですが、これはメインディッシュとして食べる場合でも二人分はあると思います。(笑)
f0207936_3395172.jpg
・きのことほたてのアンチョビ風味

ほたてや、きのこ、パプリカ等を使ったあえものです。
作り方は難しくないのですが、とても美味しかったです。キッシュとよく合います。
ぱくぱくと食べてしまえるお味でした。


・手作りコンソメスープ

今回のレッスンで、一番期待していなかったスープなんですが、飲んでみてびっくりしました。
とても美味しいのです。
コンソメスープを、コンソメの素を使わないで作るとなると、何時間も煮込まないとならないと思っていました。
今回習ったレシピだと、煮込み時間は1時間です。
コンソメスープとしてはかなりの短時間なのに、ちゃんと美味しい。びっくりです。
家庭で何時間もかけてコンソメスープを作るとなると、「コンソメの素を使ったほうが早いしいい」となりそうですが、1時間でこの味であれば「家で作ってみたい!」と思えます。


そんなわけで、今回のレッスンは3品とも美味しかったのですが、自分の中では「手作りコンソメスープ」が一番の目玉のように感じました。
イチから作るコンソメスープを、たった1時間かそこらで作れてしまう。
家でもぜひ作りたい1品となりました。
[PR]
先月、ベターホーム協会さんの「週末のゆったりごはん(8月分)」を受講した時の様子です。
f0207936_10533750.jpg
8月のテーマは、涼しく作る、夏のスペシャルごはん。

・うなぎの棒ずし
・手まりずし
・夏野菜かん

以上の3品を習います。
f0207936_10534820.jpg
うなぎの棒ずしと、手まりずし。
今回のレッスンでは、必要最低限しか火を使いません。
真夏(8月)に火を使うのは辛いものがありますから、これは嬉しいですね。
f0207936_10535576.jpg
夏野菜かんは、その名の通り夏野菜を寒天(出汁寒天)で固めたものです。
夏にぴったりの、さっぱりとした1品です。
f0207936_1054390.jpg
自分達で作ったものです。
f0207936_10541333.jpg
食べてみての感想は・・

・うなぎの棒ずし
うなぎは真夏に食べるには、油分があって私には「重く」感じるのですが、すしめしと、すしめしに入っている甘酢しょうがのおかげでさっぱりと食べられました。
とても美味しかったです。

・手まりずし
簡単に作れるてまりずしも、3種類の味で楽しめるので飽きません。
きゅうり&いくらがシンプルですが、一番気に入りました。
サーモンは味の想像がつきますね、美味しいです。
なすは大人向けかなぁ?
f0207936_10542193.jpg
・夏野菜かん

4種類の夏野菜が入っています。さっぱりとしていて美味しいです。


今月のレッスンはこんな具合でした。
実は、あまり「うなぎの棒ずし」になぜか期待していなかったので、これが美味しくて嬉しい誤算でした。^^


そして最近家で作った、ベターホームのごはんです。
f0207936_10542740.jpg
これは、2007年に基本料理の会 洋風・中国風(現在の、洋食・中華おかずの基本コースの前身みたいなコースです)で習った、ビーフストロガノフ&バターライス&使っている野菜はちょっと違いますが、温サラダ マスタードドレッシングです。
以前、洋食・中華おかずの基本を習っていた時、11月から半年分しか受講出来なかったんでが(引っ越しで後半分を習えませんでした。)、このビーフストロガノフがとても美味しくて今でもこうしてたまに作ります。
現在の洋食・中華おかずの基本コースでも、11月に登場しますね。
f0207936_10551475.jpg
こちらは、2006年に家庭料理の会で習った「豚肉のソテー マスタードソース」「マッシュポテト」です。
マッシュポテトの盛り付けは、週末のゆったりごはんでならった時の盛り付け方にしてみました。
f0207936_10552188.jpg
同じく、家庭料理の会で習った「とうもろこしのリゾット」です。
お鍋で簡単に作れるのに美味しいリゾットです。

この他、「ローストチキン ローズマリー風味」や「きのこのピラフ」なんかも作りました。(どちらも、家庭料理の会で習いました。)
何年も前に習ったお料理ばかりですが、家で作るとちゃんと美味しいのです。
改めて、習って良かったなと思いました。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの、「洋食・中華おかずの基本(8月分)」を受講してきました。
今月は、「チキンソテーを香ばしく」というテーマの通り、チキンソテーを習いました。
f0207936_20363190.jpg
先生が作ったものはこんな感じです。
習える内容は、

・チキンソテー
・ペンネアラビアータ
・ジンジャーエール

となっております。
f0207936_20364085.jpg
シンプルなチキンソテーと、奥にあるのがジンジャーエールです。
f0207936_20364795.jpg
チキンソテーは、ソースを何もかけません。とてもシンプルなので、その分、チキンの味や焼き方等がストレートに出ると思います。
f0207936_20365357.jpg
ピリっと辛い、ペンネアラビアータ。
f0207936_20365910.jpg
そして、手作りジンジャーエールです。

それでは、実際に作ってみた&食べてみた感想です。
f0207936_2037753.jpg
これで1人前です。
ランチとしては十分な、ボリュームたっぷりな完成です。^^
f0207936_20371343.jpg
チキンソテー、作り方もとてもシンプルなんです。
下味もシンプル。作り方もシンプル。
美味しく作るコツがちゃんとあって、勉強になりました。

食べてみると、下味がシンプルなのに美味しいんです。
付け合せも簡単に作れて、素材の味を楽しむ感じです。
f0207936_20372582.jpg
アラビアータ、これがお店で食べるようなアラビアータで美味しかったです。
ピリっとした辛さと、トマトソースの旨味や酸味がとてもマッチしていました。
ペンネもアルデンテで、食感も美味しかったです。

ジンジャーエールは、お子さんでも飲みやすい味でした。
私はもうちょっと生姜の辛さがピリリと効いたものが好きなんですが、それだとお子さんは飲みにくいでしょうし、こういう味なんだろうなぁと思いました。


そして今回習ったものも、自宅で復習がてら作ってみました。
f0207936_20373182.jpg
付け合せの野菜が若干違うのですが、茄子で作っても美味しかったです。
チキンの皮が、一部焼き色がついていないのは、焼く時のポイントの1つを忘れていた結果です。(^_^;
やはり、ポイントの1つ1つが大事なんですね。味は美味しかったのですが、次は忘れないようにしたいです。^^
f0207936_2037534.jpg
ペンネアラビアータも美味しく出来ました。


習ってすぐに復習出来るのも、基本的なコースの良いところだと思いました。
(材料も、スーパーなどで買えるものばかりなので。)
[PR]
ベターホーム協会さんの、「洋食・中華おかずの基本(7月分)」を受講してきました。
今回習うメニューは、

・青椒肉絲(チンジャオロースー)
・なすの冷菜
・トマトと卵のスープ

この3品です。
青椒肉絲は中華の定番で、手軽な合わせ調味料(クッ〇・ドゥ)も販売されていると思います。
私は、習う前はなすの冷菜が気になっていました。
なすを使ったお料理って、ワンパターンになりがちだったからです。(^^;

さて、レッスンはどうだったかと言うと……。
(今回、カメラを持って行かなかったので、携帯で撮った写真となります。)
f0207936_265872.jpg
こちらが先生の作ったものです。
f0207936_27445.jpg
・青椒肉絲

とにかく、習うと、炒める時間にびっくりすると思います。
必要な調味料も、オイスターソース以外はどのご家庭にも常備されているものばかりです。
オイスターソースも常備されているお家なら、本当にすぐに作れてしまいます。
市販の合わせ調味料を買う必要がないと感じました。
f0207936_271072.jpg
・トマトと卵のスープ

とても簡単なスープです。
トマトと卵という組み合わせ、家ではあんまりしたことがないので新鮮に思いました。
f0207936_271636.jpg
・なすの冷菜

こちらも簡単に作れるお料理です。
簡単に作れて、副菜が増やせるのはありがたいですね。
f0207936_272238.jpg
そして、自分達で作ったものも出来上がり、試食です。

青椒肉絲、野菜がシャキシャキとした歯ごたえが残っていて、とても美味しかったです。
炒め物は、炒めすぎて歯ごたえがまるでなくなってしまうこともあるかと思うのですが、習ったポイントを守れば中華屋さんで食べるようなシャキシャキとした美味しい炒め物が出来るんですね。
家庭でこの青椒肉絲を作れるって、とても良いと思います。習って良かったです。

なすの冷菜も美味しかった。
早めに作っておいて、冷蔵庫で冷やしてそのまま出せるので、暑い夏にはぴったりだと思います。
調理時間もそんなにかかりません。短いです。
トマトのスープも手軽に作れて、美味しかったです。


今回習ったものも美味しくて、すぐに家でも作りました。
f0207936_272961.jpg
家庭用のコンロでも、教室で作った時と同じシャキシャキ感を残せました。
基本的なお料理ですが、コツが分ればこんなに美味しく作れるのだと驚きます。
f0207936_273461.jpg
なすの冷菜も。

そして、「週末のゆったりごはん」で習った、えびのファルファッレとカポナータも自宅で復習しました。
f0207936_274090.jpg
レッスンで習った通り、トマトソースから手作りで。
こちらも、教室で習ったのと同じように美味しく作れました。
f0207936_274631.jpg
こんな感じで、ベターホームさんで習ったお料理は、家でも作りやすいのがいいですね。


今回のレッスンも、受講して良かったです。^^
[PR]
7月の「週末のゆったりごはん」を受講してきました。
今回のメインは「自家製トマトソース」です。
完熟トマトと缶詰のトマトを使って、美味しいソースをたっぷりと作ります。
そのトマトソースから、えびのファルファッレとカポナータを作るのですが、どちらもとても美味しかったです。

では、先生が作ったものから。
f0207936_23524563.jpg
・えびのファルファッレ
・カポナータ
・オレンジのマリネ
・セミドライトマト(持ち帰り)

以上の4品を習います。
f0207936_23542578.jpg
・えびのファルファッレ

とても美味しかったです。
えびの旨味がソースに詰まっています。^^
なんと、「フランベ」もするんですよ。その時には教室の電気を暗くして、青白い炎がよく見えるようにして下さいました。
ファルファッレの固さもちょうど良く、これを自宅で作れたら文句なしだと思います♪
f0207936_23543680.jpg
・カポナータ

自家製トマトソースと、たっぷりの夏野菜で作るカポナータ。
こちらはトマトソースさえあれば、手軽に作れる1品だと思いました。
食べ応えがあって、美味しかったです。^^
f0207936_23544736.jpg
・セミドライトマト(持ち帰り)

オーブンで簡単に作れるセミドライトマト。
天日干しで作る方法も教わりました。
こちらもミニトマトの旨味が凝縮されて、美味しかったです。
f0207936_2355086.jpg
・オレンジのマリネ

簡単に作れる、食後のデザート。
えびのファルファッレが濃厚なので、さっぱりとしていて良く合っていました。^^
f0207936_23551568.jpg
自分達で作ったものです。
ボリュームたっぷり、立派なランチとなりました♪
f0207936_23552965.jpg
そして、教室で月刊ベターホームの最新号(7月号)を購入したのですが、掲載されていた「なすのガパオ風ごはん」が気になったので作ってみることに。
f0207936_23564674.jpg
こちらも美味しく作れました。^^
[PR]
30分の500kcal献立のコースを今年の4月に無事修了し、5月からは洋食・中華おかずの基本コースを受け始めました。
コース名からも分かる通り、習うお料理はどれも基本的なものばかりです。
ですが、基本だからこそ家でも作りやすく、食卓にも並ぶ頻度が高いものばかりです。
「今さら」と思わず、基本のコースも習ってみたいと思い、申し込んでみました。

そして、初回の5月は欠席してしまい、6月の「コロッケ」が初のレポートとなります。^^
f0207936_40676.jpg
習うお料理は、

・ポテトコロッケ
・パプリカのマリネ

この2品です。
品数は少なく見えますが、全ての行程を丁寧に教えていただけます。
「ひたひたの水」についてもとても詳しく教えて下さり、お料理初心者の方はもちろん、「そんなことぐらい知っているわ」という方にも改めて理解を深めることが出来るのでは、と思える内容でした。
f0207936_401516.jpg
見た目も材料もとてもシンプル。
タネに余計な味付けは加えられていないので、素材の味と調理の結果がストレートに出るコロッケです。
f0207936_402238.jpg
パプリカのマリネは、カラフルでシンプルに見えますが、じっくりパプリカを焼いています。
焼き加減などもとても丁寧に教えていただけました。
f0207936_403155.jpg
自分達で作ったものです。
f0207936_403790.jpg
コロッケは、衣が薄くてナイフを入れるとサクっと切れます。
衣の中は、ホクホクのじゃがいもと玉ねぎ、そしてひき肉となっているんですが、本当にホクホクとしていてじゃがいもそのものを食べているようで美味しかったです。
油っこさは全くありませんでした。揚げ物が苦手な人でも美味しくいただけるのではないかと思います。
もちろんソースも作ります。簡単に作れるソースですが、これもまた美味しかったです。
f0207936_405088.jpg
パプリカのマリネはほんの少しの手間をかけますが、見た目もキレイで味もさっぱりとしています。
暑い日の1品や、彩りを添えたい時にとても良いのでは思いました。

そして、今回習ったお料理は自宅でもさっそく作ってみました。
f0207936_411067.jpg
教室で使ったパン粉より、大きめのパン粉を使ったので見た目は結構違っているのですが、サクっとした薄い衣、ホクホクの中身はちゃんと再現できました。^^
材料がシンプルなので、すぐに作れるのがいいですね。
f0207936_411760.jpg
パプリカのマリネも。

習うお料理はシンプルだし、日常的に食べるメニューがずらりと並ぶ「洋食・中華おかずの基本」。
普段の日のお料理に、大活躍してくれる気がしてなりません。
これからのレッスンがとても楽しみです。^^


ふと、画面右側にある「タグ」を見てみると、ベターホームさんでのレッスン回数が70回を超えていました。
これだけ長く続いているのは、実際に食べてみて美味しいというのも勿論ですが、受講料が明確なこと、無理な勧誘が全くないこと(新コースのお知らせなどはありますが、軽いお知らせ程度です)、講師の方々が日頃からお料理をされている方ばかりでレシピをただ朗読するだけではなく、ちょっとしたコツなども教えていただける……etc、こういったところが私にとって魅力なんだろうなぁと思っています。
無理なく続けることが出来て、助かっています。^^
[PR]
先月のことになりますが、ベターホーム協会さんの「週末のゆったりごはん(6月分)」を受講してきました。
6月のテーマは「スタミナごはんで夏に備える」で、参鶏湯(サムゲタン)風スープとキンパプ(韓国風のり巻き)を習います。
サムゲタンは、丸鶏をじっくりコトコト煮込みます。
1時間以上、煮込んだと思います。
そうして出来上がったのがこちらです。(まずは先生が作ったものから)
f0207936_4442789.jpg
品数は2品と少ないですが、御リューム満点です。
f0207936_4443793.jpg
参鶏湯(サムゲタン)風スープ
f0207936_4444475.jpg
キンパプ(韓国風のり巻き)
f0207936_4445441.jpg
自分達で作ったものはこんな感じです。
f0207936_445147.jpg
サムゲタンは、鶏がほんとうに柔らかくて驚きました。
お味はとても優しい風味で、鶏やにんにく、なつめ等の栄養がたっぷり。美味しかったです。
f0207936_445816.jpg
キンパプも、牛肉が入って食べ応えのある一品でした。
いわゆる「焼肉のタレ」もちゃんと作るのですが、これがまた美味しかったです。
サムゲタンは作るのに結構時間がかかりますが、こちらは白いご飯さえ炊けていれば手軽に作れるように感じました。

今回のレッスンも、美味しくて楽しかったです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんで、「週末のゆったりごはん(5月分)」を受講した時の様子です。
今月の内容は、

・特製ハンバーガー
・レモンスカッシュ
・野菜と豆のピクルス (持ち帰り)

です。
実は、この「特製ハンバーガー」が気になって、週末のゆったりごはんを受講しようと決めたのです。
なので、今回のレッスンはいつもに増して楽しみにしていました。

それでは、レッスンレポです。
f0207936_2471954.jpg
今回習ったのは、こちらの3品です。
ハンバーガー、レモンスカッシュ、そしてピクルス。
f0207936_2472787.jpg
ハンバーガー、かなりの大きさです!
f0207936_2473936.jpg
ピクルスも、お洒落な感じに。

品数としては、飲み物を入れて3品なので、実習もそんなにバタバタしませんでした。
自分達で作ったものは、こちらです。
f0207936_2475244.jpg
・特製ハンバーガー

パテのお肉は、包丁で叩くところから作ります。
パテに入れる調味料のことなども、どうして入れるのか等教えて貰えてよかったです。
ハンバーガーは、パテさえ作れてしまえば他は簡単です。
f0207936_248189.jpg
とても大きいハンバーガーなので、食べる時はバーガー袋に入れてから食べました。
これがとっても美味しいんです。
パテが美味しいのはもちろんのこと、簡単に作れるソースもいい仕事してました。
f0207936_248840.jpg
・野菜と豆のピクルス 

こちらは瓶に入れてお持ち帰りです。
翌日、家で食べてみましたが、酸っぱ過ぎず美味しかったです。

・レモンスカッシュ

とても簡単に作れるんですが、爽やかで美味しかったです。
ごくごく飲めました。


そして習ってから数日後、自宅でもハンバーガーを作ってみました。
f0207936_2481513.jpg
教室で食べた時に、とても美味しくて、「これはすぐに家で作ろう」と思ったんです。
パテさえ用意してしまえば、あとは組み立てるだけなので楽々なのも嬉しい。
f0207936_2494493.jpg
家族にも大好評でした。
肉を叩いて作るハンバーガー、お店のグルメバーガーに負けていないと思います。
本当に習って良かったです。^^
[PR]