「ほっ」と。キャンペーン

タグ:パティシエールクラス ( 7 ) タグの人気記事

今日は、菓楽スクールさんでパティシエールクラスを受講してきました。^^
習ったのは、「玄米ロール&玄米ダコワーズ」です♪

この玄米ロール、新作スイーツブッフェパーティでも食べたのですが、すごく美味しかったんです。
それを習えるということで、とても楽しみにしていたレッスンでもあります♪


以下、レッスンの様子です♪
f0207936_15372240.jpg
まずは、玄米ロールの生地から作り始めました。
もう既に、この時点で美味しそう!
この写真は、今まさに玄米粉を加えようとしているところです。^^

このロールケーキ、名前の通り玄米粉を使います。
また、ビックリするような秘密がありました。^^
ケーキの生地にソレを入れるだなんて、私は初めてでした♪
f0207936_15372810.jpg
出来た生地を、鉄板に流し入れます。
表面が綺麗なのは、先生のおかげです。(^_^;
f0207936_1537328.jpg
ロールケーキの生地を焼いている間に、玄米ダコワーズ作りです♪
こちらも、生地に玄米粉を使っています。
f0207936_15374036.jpg
間に挟む、バタークリームも作ります。
パータボンブを作って、バターと玄米粉を加えて作りました。
玄米粉を入れる前に味見をして、入れた後で再度味見。
香ばしさが全然違いました。^^
なめらかなバタークリームで、とっても美味しかったです♪

この後、いよいよロールケーキにクリームを塗って、巻く作業になります。
f0207936_15374682.jpg
今回は、この立派な丹波黒豆をたっぷりと巻き込みます。

冷ましたロールケーキ生地に黒蜜クリームをたっぷり塗って、丹波黒豆を綺麗に並べてクルクルと巻きました。^^
f0207936_15374979.jpg
7人分の玄米ロール。
圧巻です♪
(写真だと分かりづらいんですが、1本がとにかく大きいんです。)
f0207936_15375334.jpg
そしてダコワーズも完成しました。^^
これも7人分なので、とにかくたくさんあります。(笑)

試食タイム♪ (More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんで「赤すぐりとレモンのケーキ&フィナンシェフランボワーズ」を習ってきました♪

今回のレッスンは、先月習った「基本のパウンドケーキ」を更にブラッシュアップした内容となっています。^^

レッスンが始まると、まず最初にパウンド生地を作りました。
生地が完成して、オーブンで焼いている間にシロップ作りをします。
f0207936_15242770.jpg
シロップからして、凝っています。
水と砂糖だけのシロップではありません。^^
(黒い粒々は、バニラビーンズです♪)

シロップが出来たら、次はレモンクリーム作りです。
f0207936_15243118.jpg
このレモンクリームが絶品でした。^^
薄力粉をプラスして、クリームパンみたいにパンの中に入れても美味しそうだな~と思いました♪

クリームの次に、フィナンシェフランボワーズを作ります。
f0207936_15243592.jpg
これ、びっくりするぐらい簡単でした。
ガーーーッと混ぜて、型に入れて、おしまい♪

ここらで、パウンド生地が焼き上がってきたので、作って置いたシロップを盛大に打ちます。
f0207936_15243960.jpg
バニラビーンズ入りのシロップをたっぷり打ちました。
バニラとレモンの香りが漂って、もうこの時点で美味しそうです♪
f0207936_15244497.jpg
最後に、ほんのりピンク色のイタリアンメレンゲを作って、全てのパーツが完成です♪
f0207936_15244814.jpg
組み立て終わったところです。
雪山のようになりました。^^

試食タイムです♪(More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんで、パティシエールクラスの「シャルロットフランボワーズ」を習ってきました。^^
f0207936_16234755.jpg
ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール作りをしているところです。^^

ちなみに・・・ビスキュイって言葉はよく聞くのですが、キュイエールってなんだろう?と思って聞いてみたら、「スプーン」って意味だそうです。^^
kotobankにもしっかり登録されていて、それによると

『ビスキュイ生地を指くらいの大きさに細長く絞り出し、砂糖をまぶして焼いた菓子。
そのまま食べるほか、シャルロットの周囲に貼りつけたり、アイスクリームのつけ合わせに用いたりする。◇「キュイエール」は「スプーン」の意。現在は絞り出し袋を用いて生地を天板に絞り出して成形するが、絞り出し袋が用いられる以前はスプーンを用いて天板に生地を流していたことから。』

だそうです。^^

生地を、シャルロットを作る時のアノ形に絞り出し、粉糖を2回振ってオーブンへ。
結構生地が余ったので、
f0207936_1624177.jpg
こんな感じに、各自好きなように絞ってこちらもオーブンへ♪

生地を焼いている間に、クーリーフランボワーズというのを作ります。
f0207936_1624557.jpg
はい、この状態まで作ったら冷やしてもらいます♪

冷やしている間に、ムースフランボワーズ作りです。
f0207936_1624937.jpg
ムース作りでは、イタリアンメレンゲも作りました。^^
今日教えて頂いた先生は、菓楽のスーシェフパティシエさんに教えて頂いたのですが、さすがプロ。
イタメレの作り方もプロだった!(当たり前^^;)
f0207936_16241449.jpg
全てのパーツが揃ったので、組み立てです。
組み立てが終わったら、一旦ここで作業は終了。
いつもの試食タイムに突入です♪

試食タイム^^ (More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんで「タルトフロマージュ&苺のスコーン」を習ってきました。^^

レッスンは11時からなんですが、銀座に10時半に到着しました。
いつもは大行列が出来ているガト-フェスタ・ハラダさんが空いていたので、ラスクとサブレを買ってから菓楽さんへ。
f0207936_16312856.jpg
開店前のお店では、ケータリングの準備をしているところでした♪
色鮮やかでとっても美味しそう!
f0207936_16313297.jpg
あまりの綺麗さに、ケーキ教室の先生や生徒さんも写メを撮っていました。(笑)

さて、11時になりレッスンスタートです。
f0207936_16313641.jpg
まず最初に、あらかじめ用意されているパートシュクレをタルト型に敷き込みました。
(もちろん、パートシュクレ作りも後ほど行います。)
この写真を見て、「あれ?ピケが少ない?」と思った方、いらっしゃいますか?
少ないことにも、ちゃんと理由があるんですよ~。^^
f0207936_16314039.jpg
パートシュクレを焼いている間に、スコーンの生地を作ります。
たっぷりのドライ苺が入ります。^^
f0207936_16314499.jpg
スコーンの生地、完成です。
これを冷やしている間に、タルトフロマージュのアパレイユを作ります。
f0207936_16314892.jpg
焼き上がったパートシュクレに、アパレイユを流し込んだところです。

私は、苺のスコーンが気になってこのレッスンを予約したのですが、タルトフロマージュも奥が深くてたくさん勉強になりました。
まず、パートシュクレにいろんな秘密が隠されているんです。
さっきのピケの少なさもそうだし、空焼きの工程にも「秘密の一手間」が♪
ABCクッキングのケーキコースでもタルトは5種類(基礎4種・マスター1種)習ったけれど、この一手間は初めて知りました。
この一手間で、パートシュクレのサクサク感が次の日にも健在になるんだそうです。

あと、打ち粉も凄く少なかったです。
打ち粉をたっぷり振れば、作業の難易度は下がるけれど味(食感)もやっぱり下がってしまうんだそうです。
最低限の打ち粉しか使わないから、ハケの出番もなし。
けれど、その分難しくて、私は生地を伸ばす作業を失敗してしまいやり直しになりました。(>_<)
あ、そういえばバターも普通の無塩バターじゃありませんでした♪

パートシュクレ1つ取っても、こんな感じで知らないことがいっぱいありました。
習って良かったです。^^
f0207936_16315151.jpg
タルトをオーブンに入れている間に、作業は再びいちごのスコーンに戻ります。
冷やしていたスコーン生地を切り分けて、これもオーブンへ投入。

恒例の試食タイムです...More
[PR]
今日は、菓楽スクールさんで「さくらのパリブレスト&さくらのクッキー」を習ってきました♪

レッスンではパリブレストについて詳しく教わってきましたが、菓楽さんのブログにも解説が載っています。^^

では、レッスンの様子を載せていきます♪
f0207936_1928822.jpg
シュー生地を作っているところです。
f0207936_19282080.jpg
シュー生地作りではお馴染みですね。
生地の見極めについても、丁寧に教えていただけました。^^
f0207936_1928244.jpg
こちらは、さくらのクッキーを作っているところです。
f0207936_1928297.jpg
後は焼くだけ♪
f0207936_19283466.jpg
クリームを混ぜ混ぜして…。

いよいよ完成です!(More)
[PR]
先日、菓楽スクールさんで「いちごとピスタチオのムース&ビスキュイシャンパーニュ」を習ってきました♪
f0207936_20104038.jpg
ビスキュイダマンドを作っているところです。
f0207936_20104523.jpg
ぐるっと絞って、焼き上げます。
ABCクッキングやベターホーム協会で習えるシャルロットにも、こんな感じの工程があったような気がします♪
f0207936_20111977.jpg
ピスタチオクリームを作っています。
f0207936_20112391.jpg
こちらはいちごのムースを作成中。
(これはまだ作成途中の段階で、この後いろんな工程を経て完成となりました。^^)
f0207936_20112791.jpg
いつの間にか、それらしいコトになってます。
f0207936_20113272.jpg
冷やしている間に、ビスキュイシャンパーニュの生地を作って、オーブンで焼き上げます。

その待ち時間の間に、お待ちかねの試食タイムです♪
f0207936_2011365.jpg
先生がお手本として作ったものを、皆でいただきます。^^
f0207936_20114092.jpg
カットするとこんな風になっています♪
f0207936_20114499.jpg
苺のピンク色に、ピスタチオクリームの緑、スポンジの白(黄)・・・。
まさに「ひなまつりカラー」なんです♪

お味はというと、いちごのムースが美味しいのはもちろん、ピスタチオクリームがとってもとっても美味しかったです。
試食で食べた時は、ピスタチオクリームが半解凍状態だったのですが、「とっても美味しいアイスクリーム」を食べているようでした♪
上にのっている苺もいいものを使われているので、当然美味しかったです。^^

ビスキュイシャンパーニュもサクサクで、何本でも食べられそうなぐらいでした。
ちょっとしたギフトにも喜ばれそうです♪
サブのお菓子もちゃんと美味しくて、それでいて簡単なのが凄いと思います。

試食の後は、いよいよ仕上げです(More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんで「ムース オ キャラメル サレ」と「ケーク サレ」を習ってきました♪
両方に「サレ」という言葉がある通り、「塩」がテーマのパティシエールクラスです。^^
f0207936_17353271.jpg
メレンゲを作ったり・・・。
f0207936_17353815.jpg
ビスキュイショコラサンファリーヌ(何かの呪文のようですね^^)を作ったり・・・。
f0207936_1735444.jpg
一足早く、ケーク サレが完成しました♪
f0207936_17354967.jpg
ムース オ キャラメル サレも、あとちょっとで完成です。
f0207936_17361148.jpg
完成しました♪
f0207936_17361629.jpg
試食の準備中です。^^
f0207936_17362191.jpg
いざ、試食!
試食してみた感想などを、それぞれについて書いてみます。

・ケーク サレ

具沢山で、野菜もベーコンも乳製品も入っています♪
食べ応えはあるけれど、バターが入っていないので軽い食感です。
朝ご飯や、お昼にぴったりの「お食事系」でした♪
カットすると、生地が2色になっているのも可愛いです。^^
簡単に作れるのに、美味しかったです♪

・ムース オ キャラメル サレ

私、何度かブログに書いているのですが、キャラメルとバタークリームって苦手なんです。
そして、このケーキにはそのどちらもが使われているんです。
でも、とっても美味しかった!
まず、それぞれの部品(?)が、単品で食べても美味しいんです。
ビスキュイショコラサンファリーヌなんて、油断したらそのまま全部食べてしまいそうになるぐらい美味しい!
お塩入りのバタークリームも、とてもなめらかで軽くて、甘味もちゃんとあるのにお塩がピリっと締めていて、しつこくないんです。
そのバタークリームにキャラメルクリームを合わせたものも、とても美味しい!
ラム酒が効いたキャラメルシロップも、大人の味で実に美味。
美味しいそれぞれを組み合わせて作ったのだから、すごく美味しいわけです。

また、食感もとても工夫されていて、ふんわり柔らかいビスキュイショコラサンファリーヌ、とろけるようになめらかなキャラメルバタークリーム、カリカリとした食感と香ばしい風味が美味しいヘーゼルナッツ、サクサク感が楽しめるアーモンドプラリネ・・・。
とっても美味しいケーキでした。^^
f0207936_17362672.jpg
自分で作ったものです。^^
f0207936_17363297.jpg
こちらも自分で作ったものです。
自分で作ったものは、全部持ち帰れるのも嬉しいですね♪

さて、1月は「塩」がテーマということで・・・(More)
[PR]