タグ:お魚基本技術の会 ( 12 ) タグの人気記事

ベターホーム協会さんのお魚基本技術の会(秋冬コース)を、振替レッスンで受けてきました。
本当だったら、去年の12月に受講していた分です。^^

今回は、1人1尾のさば(真さばでした)を捌いて、

・焼きさばずし
・さばの韓国風煮つけ
・さばとあらの鍋仕立て

を作りました。
f0207936_5534428.jpg
ベターホームさんで用意される魚は、毎回新鮮です。
捌いた時に、内臓がとても綺麗なんです。新鮮ではない魚だと、内臓がドロドロになっていたりするそうなんですが、ベターホームさんのレッスンでは一度もそんな魚を見たことがありません。
f0207936_5535556.jpg
こちらは先生が調理されたものです。
f0207936_61285.jpg
さばとすしめしだけでなく、薬味的な具材も入っています。
これがとても美味しかったです。
f0207936_554621.jpg
お馴染みの煮つけも、韓国風ということでほんのりピリ辛。
ご飯が進む味付けです。
f0207936_5541247.jpg
さばとあらの鍋仕立ては、とてもシンプルなお鍋です。
具は、さば・ねぎ・水菜のみ。
ポン酢などにはつけず、このまま頂くのですがとても美味しかったです。
f0207936_5542040.jpg
自分達で作ったものがこちら。
焼きさばずしは、会食の時には食べずに1本丸々持ち帰りとなりました。
自分達で作ったものも、美味しかったです。^^

お魚基本技術の会は、これで無事全レッスンを受講完了となりました。
いわしや秋刀魚、イカぐらいであればよその料理教室で捌いたことがあるのですが、鯛やいなだ、鯖などの大きめな魚は全く捌いたことがなかったし、川魚も触ったことがありませんでした。
いろんな魚を1人1尾捌けて(鯛などは2人で2尾でしたが)、12回受講したことにより確実に「慣れた」と思います。
また、毎回、出される魚が新鮮で、会食がとても美味しかったのも良かったです。
アジフライの美味しさには感動しました。アジフライがこんなに美味しいとは、初めて気づかされました。
捌き方だけでなく、新鮮な魚の選び方なども教えていただけで、本当に受講して良かったです。
新鮮な魚は美味しい、ということを教わったレッスンでもありました。
習って良かったです。^^
[PR]
10月のお魚基本技術の会は、「鯛」を使ったレッスンでした。
f0207936_3164918.jpg
2人で1尾捌きます。
いつものように新鮮で、立派です。

出刃包丁も使って、半身ずつおろします。
そして背身、腹身、あらを使って3品のお料理を作りました。
今回習ったものは、

・たいのカルパッチョ
・たいの昆布じめ
・たいと豆腐の潮汁

です。
まずは先生が作ったものを。
f0207936_3165712.jpg
こんな感じです。^^
f0207936_3171059.jpg
カルパッチョ。
身にかけるソースも簡単に作れます。
f0207936_3172246.jpg
たいの昆布じめ。
たいの身さえあれば、簡単につくれました。
f0207936_31728100.jpg
たいと豆腐の潮汁。
華やかなお椀です。^^

自分達で作ったものは、こちらです。
f0207936_3173557.jpg
一人で鯛を半身いただくという、贅沢な試食となりました。^^
f0207936_3174516.jpg
カルパッチョ、捌きたてということで身がぷりぷりとしていて美味しかったです!
ソースはとてもシンプルなものですから、やはり鯛の味が大きいですね。
f0207936_3175196.jpg
昆布じめもしんみり美味しくて、いくつでも食べられそうでした。
f0207936_3175775.jpg
潮汁は、もちろんあらの処理も習えます。
とても上品な風味で、美味しかったです。

今回のレッスンで、お魚基本技術の会(春夏)は6回全て受講、修了となりました。
どれも美味しかったのですが、一番最初に習った「あじフライ」にはとにかく驚かされました。
揚げ物は好きな方ではないし、あじフライもメニューにあってもあまり選ばないお料理だったのですが、教室で作って食べたあじフライが本当に美味しくて、「あじフライってこんなに美味しいんだ!?」と驚きました。
その次の月に習った「かつおの土佐造り」もとても美味しかったです。スーパーで買うかつおのたたきとはまるで別物でした。
他のお料理も美味しかったです。

新鮮で質のいいお魚を、捌いて食べるとこんなに美味しいんですね。
このコースを受講して良かったと思います。

あとは、12月に受講できなかった、秋冬コースのレッスンも残っています。
そちらのレッスンも楽しみです。^^
[PR]
9月に受講した、ベターホーム協会さんの「お魚基本技術の会」の様子です。
今回は、さんまを1人2尾おろします。
f0207936_3363670.jpg
ベターホームのレッスンで出てくる食材は、“いいもの”だなぁって毎回参加するたびに思います。
今回も、新鮮でおいしそうなさんまです。^^
このさんまをおろして、

・さんまの両づま焼き
・さんまのつくねバーグ

に調理します。
f0207936_3364494.jpg
左がつくねバーグで、右が両づま焼きです。
f0207936_3365495.jpg
両づま焼きは、ただ焼くだけではなくちょっとしたひと手間を加えることで、ふっくらとした食感に。

自分達で作ったものはこちらです。
f0207936_337072.jpg
1人前に、さんまをたっぷり2尾使っています。
ボリュームたっぷり。
f0207936_337864.jpg
つくねバーグは、お魚の臭みを和らげる食材が上手に使われていて、とても美味しかったです。
さんまを三枚におろしてしまえば、作り方は簡単!
家でも作りたいと思います。
f0207936_3371476.jpg
両づま焼きは、身がふっくらしていてこちらも美味しかったです。
どうしてこのような形にするのか、そういった理由もちゃんと分かるのがいいです。

今回のレッスンも、美味しく、勉強になりました。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「お魚基本技術の会」、8月分を受講してきました。^^
f0207936_0574044.jpg
今回は、1人1杯のイカを捌きます。
もちろん捌き方だけではなく、新鮮なイカの見分け方から教えて頂きました♪
f0207936_0574778.jpg
そして、今日のレッスンで習ったものです。(上の写真は、先生が作ったもの)

・いかのファルシ
・いかと空芯菜の炒めもの
・いかのわた炒め

いか尽くし!
f0207936_0575254.jpg
・いかのファルシ

洋風いかめし、といった所でしょうか。
ですが、いかめしより時間もかからず、とても美味しかったです。
スパイシーソースも美味しかった。^^
f0207936_058843.jpg
・いかと空芯菜の炒めもの

夏バテに良いとされている、空芯菜とイカ、トマトを使った炒め物。
さっぱりしていて、こちらも美味しい。
f0207936_0581686.jpg
・いかのわた炒め

居酒屋さんで出てきそうな一品。
ご飯にも合うし、お酒にもとてもよく合いそうでした。^^
f0207936_0582442.jpg
自分達で作ったものは、こんな感じに出来上がりました♪
f0207936_0583572.jpg
どれも美味しくて、お腹もいっぱいになりました。
次回のレッスンが楽しみです。^^
[PR]
7月の「お魚基本技術の会(春夏コース)」を受講しました。
今回は、いさきとあさりについて実習をする回だったのですが、いさきの用意が難しかったようで、代わりに鯛を使った実習となりました。
f0207936_22512174.jpg
アクアパッツァに関しては、いさきより鯛で作った方が美味しいとのことで、逆に良かったのかもしれません。(笑)

こちらの鯛を一人一尾おろし、半分をアクアパッツァに、もう半分をソテーにしました。
f0207936_22513396.jpg
先生が作ったものがこちらです。
f0207936_22514024.jpg
いさきのソテーは、夏野菜ソースとバターライスを添えて。
夏野菜をたっぷり使ったソースが、パスタにも合いそうでした。とても美味しかったです。
(もちろん、お魚も美味しかったです。^^)
f0207936_22514515.jpg
アクアパッツァです。
作り方はそんなに難しくなかったのですが、鯛とあさりから出汁が出て、とても美味しかったです!
f0207936_22515953.jpg
自分達で作ったものがこちら。

鯛を丸々一尾捌いて、調理する。
とても美味しかったし、実習のし甲斐がありました。^^
[PR]
少し前のことですが、ベターホーム協会さんの「お魚基本技術の会 春夏コース」を受講してきました。
今回習ったのは、

・あゆの塩焼き
・かつおの土佐造り

です。
f0207936_4194319.jpg
まずは、あゆの下ごしらえから。
今回は、どちらも「捌く」という作業はありません。
あゆは「のぼり串」の打ち方や、下ごしらえについて教わりました。^^
かつおも、皮付きのものを直火で炙るんですが、串の打ち方や、薬味&ポンズも作りました。
f0207936_4194866.jpg
完成です。
こちらは先生が作ったものです。
f0207936_4195315.jpg
お手本の、かつおの土佐造り。
おいしそう!

自分達で作ったものは、こちらです。
f0207936_4195894.jpg
調理方法もシンプルだし、見た目もシンプルです。
が、どちらも美味しかったです。^^
f0207936_420454.jpg
・あゆの塩焼き

酢どりしょうがを添えていただきました。
川魚ですが、美味しくいただけました。
f0207936_42092.jpg
・かつおの土佐造り

これが本当に美味しかったです。
スーパーでもかつおのたたきって売っていますが、それよりとても美味しくて。

今回習ったお魚料理はどちらもシンプルでしたが、シンプルなだけに美味しさにびっくりしました。
かつおの土佐造り、家でも作りたいです。
[PR]
ベターホームさんの、お魚基本技術の会(春夏)が始まりました。^^
第一回目のレッスンでは、鯵を一人二尾捌きます。
f0207936_14442868.jpg
今回のお魚。
ベターホームで出される食材は、とにかく毎回新鮮!
(お魚に限らず、お肉やお魚もいいものを出されます。)
そしてこれまで同様、選び方のコツから教えていただけます。
鯵は目が濁りやすいそうで、他のお魚と違って目の濁りはあまり気にしなくてよいことだとか、他にもいろいろ覚えてきました。^^

そうしてびっくりしたのが、実際にレッスンが始まって、鯵の三枚おろしがとても簡単に思えたしぱぱっと手早く作業出来たことです。
先月、大きな“いなだ”を捌いたおかげで、鯵が本当に簡単におろせました。
秋冬コースに通い始めた時は、自分でもやれるのか不安に思ったものですが、半年間習ったことがちゃんと身についているんだなぁと実感です。

完成したお料理はこちら。
まずは先生が作ったものから。^^
f0207936_14443628.jpg
・あじフライ
・あじの酢じめ
・あじのたたき

一人、まるまる二尾いただきます。
ボリュームたっぷり!

そして自分達で作ったものがこちら。
f0207936_14444715.jpg
あじフライは作ったこと(習ったこと)がありましたが、たたきと酢じめは初めてです。
三枚おろしさえ覚えてしまえば、どれも簡単に作れてしまいます。

食べてみた感想はというと……。^^
f0207936_14445734.jpg
あじフライ

今まで、あじフライはそんなに好きではないお料理の一つでした。
揚げ物があまり好きではないし、よその料理教室や学生時代の調理実習で習ったこともありますが、食べてみて「凄く美味しい!」と思ったことはあまりありませんでした。

が、ベターホームで習ったこのあじフライは凄く美味しい!
とにかく身がふっくらしていて、旨味があって、一口食べて「美味しい!」ってびっくりしました。
丁寧に三枚におろしているので、骨も全くありません。ぱくぱく食べられます。
あじフライ、新鮮なもので作るとこんなに美味しいんですね。
このお料理の大事なところは「新鮮な鯵を手に入れる」「丁寧におろす」というところだと感じました。
調理自体は難しくありません。^^

本当に美味しかったです。
あじフライがこんなに美味しいものだとは、驚きました。
f0207936_1445776.jpg
あじの酢じめ

こちらも、おろすことさえ出来れば簡単に作れました。
ちょっとした和食屋さんや、個人の居酒屋さんで出てきそうな一品。
面白いのが、先程のあじフライとは、おろす手順がちょっと違うんです。
どうして手順が違うのかもしっかり教えていただけます。
シンプルで、新鮮な鯵そのものを楽しめました。
f0207936_1445189.jpg
あじのたたき

あじのたたき、初めて作りました。
難しそうなイメージがありましたが、こちらも三枚におろしてしまえば思いのほか簡単に作れます。
材料もシンプルで、主役は鯵。
こちらも美味しかったです。^^



今回のレッスンは、鯵の三枚おろしが簡単に出来てびっくりし、出来上がったお料理を食べてその美味しさにびっくりさせられました。
あじフライがこんなに美味しいものだったとは。目からウロコです。
来月は、あゆの塩焼きとかつおの土佐造りを習います。
こちらも楽しみです。^^
[PR]
ベターホームさんの「お魚基本技術の会(秋冬コース)」を受講してきました。
こちらの秋冬コースは6か月のコースなんですが、今回のレッスンで締めくくりということもあり、今まで扱ってきたお魚の中でも一番大きい「いなだ」を捌きます。
f0207936_0585475.jpg
こちらが、そのいなだです。
一尾を2人1組で捌くのですが、1人で半身を担当するので(1人1尾ではありませんが)何の問題も感じませんでした。

この大きないなだを捌いて、お刺身、焼き物、サラダの3品を作ります。
では、先生が作ったものから。
f0207936_059034.jpg
・いなだの刺身
・いなだの若草焼き
・いなだの中華サラダ

いなだ尽くしです。
この写真のボリュームで、1人前です。
1人でいなだを半身食べることになります。
f0207936_059616.jpg
いなだのお刺身。
柵から作るのではなく、魚をおろすところから作るお刺身は、なかなか一般向けのお料理教室では習えないのではないでしょうか。
わさびを乗せている台も、簡単に作れます。
f0207936_0591131.jpg
いなだの若草焼き。

とても簡単に作れるのですが、美味しかったです。
f0207936_0591681.jpg
いなだの中華サラダ。

こちらも、捌いたいなだを切ってのせるだけ。
メインはあくまでも「いなだを捌く」ことなんですが、簡単で美味しいお料理も習えるのが嬉しいです。^^


そして、自分達で作ったものがこちらです。
f0207936_0592283.jpg
このコースで、一番最初に捌いたお魚は「いわし」でした。
最初は小さいお魚から始まり、最後に大きなお魚を捌いてお刺身まで作れるようになるとは!
本当に習ってよかったです。
12月の鯖を習えていないので(欠席したので)、それの振替も楽しみだったりします。
f0207936_0592762.jpg
新鮮な魚を捌いて作ったお刺身は、とってもぷりぷりとしていて美味しかったです。
f0207936_0593311.jpg
こちらもご飯に良くあいます。
f0207936_0593846.jpg
サラダも美味しかったなぁ。

お魚料理の会(秋冬)、毎回勉強になって、出来上がるお料理のボリュームもたっぷりで大満足でした。
せっかくなので、5月から始まる春夏コースも申し込みました。
楽しみです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「お魚基本技術の会」を受講してきました。
今回教えていただいた魚は、にじますと豆あじです。
川魚を自分で調理するのは全くの初めてで、上手く出来るかどきどきしながらの受講となりました。

豆あじの処理はとても簡単でした。小さな魚なので、包丁を使わずに手で下処理をしました。
にじますは、想像以上にぬるっとしていてびっくりしましたが、筒抜きという方法で下処理をしたのでとても簡単でした。

そうして完成したのが、こちらのお料理です。(先生の見本から)
f0207936_3462314.jpg
にじますのハーブバター焼き(左手前)と、豆あじのエスカベーシュ(右奥)です。
そして自分達で作ったものがこちら。
f0207936_3463039.jpg
どちらも美味しく出来ました。^^
f0207936_3463670.jpg
臭いが気になるニジマスは、ハーブバターで調理しました。
ハーブが臭み消しになっていて、美味しく食べられました。
f0207936_3464217.jpg
豆あじのエスカベーシュは、「洋風南蛮漬け」みたいな感じです。
さっぱりしているので、暑くなってきても美味しく食べられそうと思いました。
頭も骨も、まるごと食べられるのでカルシウムもたっぷり。^^

お魚基本技術の会(秋冬)も、早いもので次回で最後です。
昨年12月の分だけ受講出来ていないので、それは今年の12月に受講となります。
来月のレッスンも楽しみです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの、お魚基本技術の会(秋冬)を受講してきました。
3月に受講しているのですが、内容は2月のものです。^^

今回のお魚は「たい」です。
鯛にもいろいろな種類があって、今回捌いたのは「チダイ(血鯛)」という鯛です。^^
レッスンでは、鯛の選び方から教わりました。
そして、今回も1人1尾だったんです。びっくりしました。
(てっきり、2人で1尾を捌くのだと思っていました。^^)

チダイを三枚おろしにし、身はポワレに、“あら”はスープに。
まさに、お魚を丸ごと一尾使ってお料理してきました。

完成したお料理はこんな感じです。
まずは先生が作ったものからどうぞ♪
f0207936_4312866.jpg
簡単に作れるガーリックトーストと一緒に。
f0207936_4313674.jpg
たいのポワレ バジルソース。
付け合わせは、長芋と菜の花です。
f0207936_4314262.jpg
スープ・ド・ポワソン。
あらの下処理などを丁寧に教わりました。
とてもシンプルなスープなんですが、とっても美味しいのです。
f0207936_43148100.jpg
自分達で作ったら、こうなりました。^^
f0207936_4315769.jpg
鯛なんて捌いたの、全くの初めてでした。
出刃包丁も使ったんですが、自分で鯛を捌けたことにびっくりです。
そして、ポワレは身がぷりぷりしてて美味しかった!
f0207936_432438.jpg
そしてこのスープがとにかく美味しくて!
ただアラを煮込むのではなく、一手間加えているんですが本当に習って良かった。
f0207936_432912.jpg
新刊「おかずのタネ」を買って帰りました。

お魚基本技術の会(秋冬)、次回は川魚(にじます)です。
川魚を調理したことが全くないので、次回もとても楽しみです。^^
[PR]