「ほっ」と。キャンペーン
ベターホーム協会さんの、洋食・中華おかずの基本(12月分)を受講してきました。
今月は、寒い季節にぴったりなオーブン料理を習います。
具体的には、

・ラザニア
・ルッコラとレタスのサラダ
・グレープフルーツのクラッシュゼリー

以上の3品を教わります。^^
f0207936_211610.jpg
12月ということで、テーブルセッティングもクリスマスの雰囲気がありますね。
f0207936_2111396.jpg
ちょっと寄って撮ってみました。

さて、今回のレッスンも、レシピにいろいろと工夫がされていました。
ラザニアはミートソースからしっかり手作りするのですが、長い時間をかけて煮込まなくてもコクと旨味が出るようになっています。
また、ホワイトソースを使わずに(作らずに)、あるものを代用して作るのですが、そのおかげで手軽に&カロリーも抑えてあるように感じました。(1人前で602kcalです)
もちろん、代用品を使ってもとても美味しいのです。びっくりしました。
(と、レシピに触れる部分なのでボカして書いているのですが、公式サイトの方には何をどうするかが書いてありますね。)

さて、自分達で作ったものはこんな風に完成しました。
f0207936_2112358.jpg
こちらで1人前です。
アツアツのラザニア、さっぱりとしたサラダ、簡単に作れるデザートもついて、「いただきます」。
f0207936_2113263.jpg
そして、食べてみた感想です。

・ラザニア

とにかく美味しかったです。
ラザニアの茹で加減も良く、食べた時にアルデンテな食感がとても良かったです。
手作りミートソースも美味しい。
これはさっそく家で作りたいと思いました。

・ルッコラとレタスのサラダ

シンプルなサラダです。
粒マスタードを使ったシンプルなドレッシングを作り、和えています。
ドレッシングのレパートリーが増えるのも嬉しいですね。

・グレープフルーツのクラッシュゼリー

簡単に作れるデザートです。
ラザニアが濃厚なので、さっぱりとしたこのゼリーがとてもよく合っていました。
f0207936_211407.jpg
後日、さっそくラザニアを買ってきました。
とっても美味しかったので、すぐに家で作りたかったのです。^^
f0207936_2161666.jpg
ここまで作れば、後はオーブンで焼くだけ。
手が離せるところが、オーブン料理の楽なところですね。^^
f0207936_212049.jpg
出来上がり。
ルッコラが入手出来なかったので、適当な葉物野菜でサラダも作りました。
f0207936_212746.jpg
教室で習った時より、ラザニアを1枚増やしています。(笑)
自宅で作っても、美味しく仕上がりました。
こちらのレシピも、家で何度も作ることになりそうです。
習って良かったです。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「和食技術基本の会(12月分)」を受講してきました。
今月は、

・筑前煮
・紅白なます
・えびのつや煮

以上の3品を習います。
f0207936_2349172.jpg
筑前煮は、お肉やごま油が入るので「お煮しめ」よりもコクがあります。美味しいです。
f0207936_2349968.jpg
紅白なますやえびのつや煮も、手作りで。

今回も様々な材料を下処理していきましたが、梅花にんじんや手綱こんにゃくを覚えられるのがいいですね。
そして、自分達で作った分はこちらです。
f0207936_23493089.jpg
今回も、どれもハズレなし!
美味しかったです。
f0207936_23493850.jpg
・筑前煮
丁寧に作るので手間暇かかりますが、旨味やコクがしっかり染みてとても美味しい筑前煮でした。
野菜も一度にあれこれ食べられていいですね。
f0207936_23491854.jpg
・紅白なます
酸っぱ過ぎず、さわやかな紅白なますでした。
ぱくぱく食べられます。
私は酸っぱいものも好きなんですが、この紅白なますはとても美味しかったです。

・えびのつや煮

とても簡単に作れます。今回習った3品の中では、一番簡単に感じました。
シンプルに、えびの美味しさをいただけます。
f0207936_23495244.jpg
そして今日は、ちょこちょこっとお買い物も。
新刊の「ひとり分の和食」は、さっそく掲載されていた常夜鍋や炊き込みご飯を二人分で作ってみたりしました、美味しかったです。^^
缶詰は、景品でいただきました。(笑)
f0207936_23495928.jpg
また、今回習った筑前煮がとても美味しかったので、家でもさっそく作ってみました。
先月習ったふろふき大根も一緒に。
寒い日に温かい和食、いいですね。^^
[PR]
ベターホーム協会さんの「洋食・中華おかずの基本(11月分)」を受講してきました。
今月習うメニューは、

・ビーフストロガノフ
・バターライス
・温野菜サラダ

こちらの3品になるのですが、実は私はこのメニューを2007年に受講していたりします。当時はコース名も今とは少し違って、「基本料理の会 洋風・中国風」という名称でした。
ちなみに、以前、2007年版のレシピを見ながら家で作ったビーフストロガノフがこれです。
f0207936_185279.jpg
なので今回のレッスンは、「同じメニューだし、レシピもきっと同じだろう」と思いながらの受講となったのですが・・・。

受講してみたら、レシピがところどころ変わっているんですね。
ビーフストロガノフのカロリーだけ見ても、2007年版は463kcalあったのに対して2015年版は395kcalとスリムになっています。
味に対する嗜好の変化にも対応されているんだろうなぁと思いました。
(関係ないですが、不二家のケーキも年々味を変えている、というのを何かで見たのを思い出しました。)

・・・と、話が逸れてしまいましたが、以下、レッスンの様子です。^^
f0207936_0583598.jpg
こちらは先生が作ったものです。
f0207936_0584784.jpg
ぱらりと仕上がったバターライスに、じっくり炒めたタマネギで作るビーフストロガノフ。
おいしそうです。^^
f0207936_0585650.jpg
バターライスは鍋炊きです。ビーフストロガノフに合うように硬めに炊きます。
炊飯器で作る方法も教えていただけます。(炊飯器だと、もう少し柔らかく炊き上がるそうです)
f0207936_0591333.jpg
シンプルな温野菜サラダ。
このサラダも、2007版とは使う野菜や作るドレッシングが違います。

自分達で作ったものは、こちらです。
f0207936_0592482.jpg
一度習っているので、おおまかな工程はだいたい同じなのですが、細かいところが結構変更されていて「へぇ~」と思いました。
材料そのものが変わっていたり、作り方の説明がより分かりやすくなっていたり。
そういう所も、更新されているんだなと感心しました。
f0207936_059311.jpg
玉ねぎを炒めて炒めて、丁寧に作ったビーフストロガノフ。
美味しくないわけがありません。^^
ぱらりとして、ベタつかないバターライスともとてもよく合います。
文句なしに美味しい。
f0207936_0593961.jpg
シンプルな温野菜サラダは、簡単に作れます。
ドレッシングも簡単に作れるんですが、これがまた美味しいんです。
家で日常的に作るお料理は、簡単で美味しいと助かりますね。


今回のレッスンも、受講して良かったです。
来月のレッスンが楽しみです。^^
[PR]
今月から、「ベターホームの和食基本技術の会」を受講することにしました。(週末のゆったりごはんと、30分の500kcalを修了してしまったので。^^)
新コースの「かあさんの味」と迷ったのですが、まずは基本からしっかり習ってみようかなと思いました。

今月のレッスン内容は、

・ぶりの照り焼き
・菊花かぶ
・ふろふきだいこん ゆずみそがけ
・ほうれんそうと黄菊のおひたし

です。
メニューを見ただけでも、なんだかほっとするのは和食だからでしょうか。
f0207936_20413369.jpg
こちらは先生がデモンストレーションで作ったものです。
f0207936_20414660.jpg
・ぶりの照り焼き&菊花かぶ

大きくて、厚みのある立派なぶりの切り身を照り焼きにします。
フライパンで手軽に作る方法もありますが、グリルでじっくり作ります。
f0207936_20415641.jpg
・ふろふきだいこん ゆずみそがけ
・ほうれんそうと黄菊のおひたし

どちらもシンプルなお料理ですが、その分食べた時に味がダイレクトに出ますね。
ゆずみそもお鍋で作ります。
f0207936_2042473.jpg
自分達で作ったものがこちらです。

ぶりだいこんは、魚の臭みを取るための下処理から教えていただけます。
たれを作り、それを魚に塗る時の分量なども教わりましたが、思っていた以上にたっぷりと塗るんですね。勉強になりました。
良い切り身を使っているのもあり、食べると身がふっくらとしていて美味しかったです。^^

菊花かぶも作り方はとてもシンプルです。
そして食べるとさっぱりとしていて(甘すぎない甘酢です)、ブリとよく合っています。

ほうれんそうのおひたしは、とてもポピュラーなものですが(高校あたりの家庭科調理実習でも習いそうですね)、黄菊が入るとまたちょっと違いますね。
おひたしの作り方を丁寧に習えます。

そして今回、一番驚いたのがふろふきだいこんです。
コンビニのおでんのだいこんより柔らかい!
お箸を入れた時に、抵抗が殆どないといいますか。
それぐらい柔らかいのに、全く煮崩れていないんです。驚きました。
手作りのゆずみそも美味しかったし、シンプルだけど「こんなに大根を美味しく煮ることが出来るんだ」と目からウロコでした。


次回のレッスンも、とても楽しみです。
[PR]
ベターホーム協会さんの「週末のゆったりごはん(10月分)」を受講してきました。
早いもので、こちらの会は今回で修了です。
2014年11月に第1回を受けてから、もう1年になるんですね。

そんな「週末のゆったりごはん」のラストを飾るのは――

・牛肉の赤ワイン煮
・紫キャベツとクレソンのサラダ
・焼きりんご

以上の3品です。
牛肉の赤ワイン煮。この字面だけで既にごちそう感があります。(笑)

では、いつもの通り先生が作ったものから載せますね。
f0207936_2543619.jpg
全体像はこんな感じです。
1品ずつアップにしていきます。
f0207936_2544387.jpg
・牛肉の赤ワイン煮

大きな塊肉から作る、赤ワイン煮。
1人分も迫力があります。
f0207936_2545052.jpg
・紫キャベツとクレソンのサラダ

同じキャベツでも、紫キャベツになるとお洒落度が上がりますね。
見た目だけではなく、普通のキャベツと比べると嬉しい栄養価もあるようです。
f0207936_2545623.jpg
・焼きりんご

家でお母さんが作ってくれるシンプルな焼きリンゴと比べると、こちらもまたお洒落です。
中央にはプルーンがのっています。^^


今回の「牛肉の赤ワイン煮」、見るからにご馳走だし、作るのが難しそう・面倒くさそうに見えますよね。
ですが、習ってみたらそんなに難しくなく、また面倒でもありませんでした。

以下、作ってみた&食べてみての感想です。
f0207936_255451.jpg
会食の時の1人前はこれぐらいのボリュームです。
立派なランチで、味もお腹も大満足出来るものでした。
f0207936_2551232.jpg
・牛肉の赤ワイン煮

本日のメインディッシュです。
お肉は柔らかく、味もしっかり染みていてとても美味しい!
大きな塊肉を使うのはもちろん、ブーケガルニを用いたりブールマニエを作ったりします。
材料もたくさん使いますし、普通の煮込み料理だったらわざわざやらないようなひと手間を加えたりします。(先月習った、コンソメスープと似ている工程がありました。)
ですが、どの工程も1つ1つは簡単です。面倒なことはありません。
調理の方法も、家庭の台所で全く問題なく出来ます。特別な機械(フードプロセッサーだとか)も必要ありません。
ちょっとしたひと手間と、じっくりコトコト煮る時間さえあれば作れます。
旨味たっぷりで、それでいて濃すぎずいくらでも食べられそうな牛肉の赤ワイン煮でした。大変美味しかったです。
f0207936_25518100.jpg
・紫キャベツとクレソンのサラダ

こちらも簡単に作れるのに美味しかったです!
刻んだキャベツをしんなりさせる時って、普通は塩を使いますよね。
ですが、今回のこちらは――。
(レシピには著作権があるので、何を使うのかは受講してみてのお楽しみということで。^^)

食べてみると、塩の代わりに使ったそれがいい仕事しているなと分かりました。
散らしたくるみや、手作りドレッシングもマッチしていて美味しい。
こちらもいくらでも食べられてしまう美味しさでした。
f0207936_2553099.jpg
・焼きりんご

焼きリンゴは、子供の頃に家族が作ってくれたことがありました。
その焼きリンゴも素朴で美味しかった記憶があるのですが、習った焼きリンゴはそれに比べると洗練されているなと感じました。
美味しいです。プルーンも美味しい。
アイスともぴったり。


週末のゆったりごはん、最後の回は締めくくりに相応しい内容だなと思いました。
家でこんな美味しい牛肉の赤ワイン煮を作れたら、満点じゃないでしょうか。
どんなに美味しくても、見た目が豪華でも、「家で作れない、作りにくい」「習ったけど家で一度も作らなかった」ではもったいないですが、家でも作りやすいように考えられたレシピなので、そこが有難かったです。^^
f0207936_255387.jpg
教室に、先生がパンの回で作るパンを持ってこられたので、写真を撮らせていただきました。
半年で習うパンだそうです。^^

私は、11月からは現在受講中の「洋食・中華おかずの基本」と、「ベターホームの和食基本技術の会」の2つを受講していきます。
どちらも基本的なコースですが、楽しみです。^^
[PR]