<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アトリエフレザージュさんで、応用コース「パネトーネ」を習ってきました♪

パネトーネは別のパン教室でも習ったことがあるのですが、フレザージュさんでは「パネトーネ種(パネトーネ菌)」のことからお話して下さり、とても勉強になりました。
本物のパネトーネを作ろうとするとこのパネトーネ種が必要なんだそうですが(パネトーネマザーはまた別のものだそう)、この菌はイタリアの決まった場所でしか生きていけないそうなんです。
なので、パネトーネ種を使えなくても、また、パネトーネマザーを使わなくても、本物に近い味になるように工夫されたレシピでパネトーネ作りを習ってきました♪
f0207936_21113690.jpg
生地が完成したところです♪
今回は、捏ねが一番大変でした。
f0207936_21114043.jpg
この状態まできたら、後は発酵させるだけです。^^
f0207936_21114356.jpg
今日のランチはオニオングラタンスープでした。
ボリュームがあって、美味しくて、あったまりました♪
f0207936_21114811.jpg
そして、先生があらかじめ作っておかれたパネトーネを試食~♪
このパネトーネ、作ってすぐやその日はあんまり美味しくないのだそうです。
最低でも次の日、出来れば更にその次の日に食べた方がいいそうです。
f0207936_21115287.jpg
先程の生地が、こんな感じになりました。
更にもう少し発酵させます。
f0207936_21115639.jpg
焼き上がり♪
f0207936_2112368.jpg
今年のレッスンはこれで最後なので、材料をあれこれ買って帰ってきました。
お正月休み中に、ライ麦のパンを作ろうと思っています。^^
f0207936_2112796.jpg
そして次の日、自分で作ったパネトーネを食べてみました。
パネトーネって、パサっとしている方が美味しいと教室で聞いていたのですが、ちゃんとパサついていました!(笑)
普通のパンだったら、パサついている=美味しくない、ってイメージですよね。
でもこのパネトーネ、パサっとしているのに口どけが良いんです。美味しかったです♪
そしてバターや砂糖、卵がたっぷり入っているのにさっぱりめで……不思議です。

今回のレッスンも、いろんなことを学べたし、パネトーネも美味しかったしで習って良かったです。^^


本年は大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。
[PR]
今日は、アトリエフレザージュさんで基礎コース「ピッツァ」を習ってきました。
ピッツァというのは、高温&短時間で焼くことが大事なのだそうですが、家庭用オーブンだとなかなか難しいものがありますよね。
なので、先生が250℃や300℃といった温度でも、美味しいナポリ風のピザが作れるように工夫をされたレシピでピッツァ作りを教わってきました。^^
f0207936_23345089.jpg
生地が捏ね上がったところです。
生地の配合は、とってもシンプルでした。
へぇ、ピザ生地にはこの粉を使うんだ、と勉強になりました。
f0207936_23345575.jpg
分割したところ。
今日は、いつものパンと比べると工程にだいぶ違いがありました。
この「分割」1つ取ってもそうです。
f0207936_23345946.jpg
めん棒は使わず、手で生地を薄く薄く伸ばしていきます。
先生は、ピザ生地を宙に向かって放り投げていました。
そうすることによって、綺麗な円形に伸ばせるのだそうです。^^
(私は怖くて出来ませんでした。^^;)
f0207936_2335234.jpg
発酵が終わったところです。
f0207936_2335732.jpg
1回目は、中央部分が薄くなり過ぎてしまったのですが、2回目はそういうこともなく均一に薄く伸ばせた……と思います。^^
f0207936_23351111.jpg
1つはトマトソースベースのピッツァに、もう1つはゴルゴンゾーラやチーズ、はちみつやクルミを載せたピッツァです。
ゴルゴンゾーラが苦手なので、だいぶ少なめにしました。
f0207936_23351568.jpg
そうして、自分で作ったピッツァと、カリフラワーのポタージュでランチとなりました♪

ピッツァ、凄く美味しかったです。
食感は「サクッ&もちっ」で、もちっとしているけれどサクっとした歯切れの良い生地でした。
トマトソースも簡単に作ったんですが、これが美味しくて。
実践コースの惣菜パンでも習いました。)
市販のピザソースを買う必要がないぐらいでした。^^
f0207936_23351972.jpg
一緒に頂いたカリフラワーのポタージュも、滋味溢れるといった感じでとても美味しかったです♪

先生が作ったピッツァの試食もあり、お腹いっぱいになりました。^^
f0207936_23352368.jpg
こちらはゴルゴンゾーラのピッツァ。
さすがに全部は食べ切れないので持ち帰ったのですが。冷めてからもピッツァ生地の食感は変わらず(さすがにチーズは固くなっていましたが)、家族にも好評でした。

材料も作り方もとてもシンプルで、発酵時間も短くて。
家でもとても作り易いピッツァだと思いました。
明日、さっそく作ろうと思っています♪

そして、12月6日にフレザージュさんで習ってきたシュトーレンですが……♪
f0207936_2352716.jpg
実は、12月11日から食べ始めたんですが、2個のうち1個は3~4日でなくなってしまいました!
凄く美味しかったんです。びっくりしました。
今日現在、あと僅かに残っているだけです。明日・明後日にはなくなってしまうと思います。
シュトーレン、とっても美味しくて習って良かったです♪


※12/18 追記

さっそく、ピッツァを復習がてら作ってみました。^^
f0207936_21132263.jpg
教室で習った時と同じく、2枚焼いたんですがあっという間になくなってしまいました!
「美味しい」と、大好評でした。^^


次回の更新は12月22~23日頃になると思います。^^
[PR]
ル・コルドン・ブルーでデビューレッスンを受講してきました♪
今回習ったのは「ビュッシュ・ド・ノエル、アルハンブラ風」です。
クリスマスケーキですね♪
f0207936_0492877.jpg
1Fの受付付近に、クリスマスツリーが飾られていました。^^
f0207936_0493237.jpg
こちらはシェフが試食用に作って下さったものです。
f0207936_0493696.jpg
自分で作ったものです。
シェフが作ったものと比べて大きさが違うのは、箱のサイズに合わせて両端を切り落とした為です。
(余談ですが、余ったガナッシュや切り落とした両端は持ち帰り自由でした。)
f0207936_0493949.jpg
シェフが作ったものを試食~♪
チョコレートケーキなわけですが、まず、チョコレートが美味しいです♪
また、スポンジというか、ヘーゼルナッツ・チョコレート生地もちょっと変わった生地で、ヘーゼルナッツの風味が効いていて美味しかったです♪
f0207936_0494424.jpg
自宅で撮ったものです。
このケーキ、なかなか大きいんです。^^
ちょっとずつ食べていこうと思います♪
[PR]
アトリエ フレザージュさんで、12月特別レッスンを受講してきました。
この特別レッスンでしか習うことが出来ない、シュトーレンです♪

では、レッスンレポです。^^
f0207936_22102742.jpg
まず発酵種を作りました。
そうです、今回は中種法でのパン作りとなりました。
また、使うイーストも生イーストです。
どうしてこの方法なのか、なぜこのイーストなのかもちゃんと教えていただけます。^^
f0207936_22102112.jpg
そして、いろいろな工程を経て生地が捏ね上がったところです。
この生地に、たっぷりの漬け込みフルーツを混ぜ込みます。
f0207936_22103681.jpg
そうして成型が終わりました。
この成型にもコツがあって、勿論その部分も丁寧に教えて下さいました♪
f0207936_2210291.jpg
仕上げ発酵中にランチです♪
今日のランチはオニオングラタンスープでした!
とっても美味しかったです。^^
f0207936_22104434.jpg
更に、先生が1週間前に作られたというシュトーレンの試食まで。
そうなんです、こちらの教室で作るシュトーレンは、食べ頃が「出来てから1~2週間後」なのだそうです。^^

試食してみての感想ですが、とっても美味しかったです!
ほろほろっとした食感で、フルーツやマジパンローマッセ(生地に練り込んであります)、そしてバターの風味が合わさってとてもリッチなシュトーレンでした♪
f0207936_2210368.jpg
発酵が終わったところです。
結構膨らみました。^^
f0207936_22105188.jpg
焼き上がったシュトーレンに、バターをたっぷり含ませてからシナモンシュガーを振ったところです。
f0207936_22104549.jpg
この状態で、お持ち帰りとなりました。
仕上げは自宅で行います。
もちろん仕上げ用の粉糖も頂けました♪

そんなわけで教室を出た後、アトレにある千疋屋に行きました。
f0207936_2211019.jpg
苺とヨーグルトのパフェ(白雪姫のパフェ)を食べて、ビタミン補給です。^^
苺がごろごろ入っていて美味しかった♪
f0207936_22105360.jpg
そして自宅に帰り、シュトーレンが完全に冷めてから粉糖を振りました。
写真では1本しか写っていませんが、2本作りました。(もちろん、お持ち帰りも2本です。^^)

食べ頃は1~2週間後から。
そしてカットせずに密閉しておけば、1カ月以上もつそうです。
1週間後にカットするのが楽しみです♪
[PR]
ベターホームの和菓子教室へ行ってきました。
今回習ったのは、花びら餅と水仙です♪
花びら餅は、リニューアル前の和菓子の会でも一度習っているのですが、生地が前回と今回で違うんです。
前回は、お鍋で火にかけて作った“求肥”で、今回は蒸し器で作る“ういろう”です。
あと、以前の和菓子の会と、リニューアルした今の和菓子の会での大きな違いはというと、
f0207936_1937344.jpg
1人作業が各段に増えました。
今回、ういろう生地は完全に「自分の分は自分で」というスタイルです。
しかも、花びら餅と水仙でういろう生地を二度作るので、これは一度のレッスンでも生地の作り方に慣れることが出来ると思いました。

その分、時間もかかりました。
レッスンスタートが13時半で、レッスンが終わってビルを出た時には16時半を過ぎていました。(^^;
来月のレッスンはこんなに時間がかからないそうですが、今回は本当に長かったです。

それではレッスンの様子です。^^

まず最初に花びら餅から作りました。
f0207936_19373373.jpg
蒸し器で蒸した生地をもみこんで、伸ばして、色付けした方は型で抜きました。
にんじんに見えるけど、にんじんじゃないです。(笑)
f0207936_19374245.jpg
蜜ごぼうとみそあん、型抜きした生地をくるっと包んで出来上がり。
f0207936_19374016.jpg
乾かないように包んでおきます。
そしてここから、水仙作りです。
花びら餅と同じく、ういろう生地作りから始めます。
生地は簡単に出来るのですが、成型がとにかく難しかったです。
f0207936_1937501.jpg
なんとか完成しました。
水仙は、梅あんを包んでいます。^^
f0207936_19374838.jpg
さて、お味はというと、先生も「求肥と、ういろうのどちらが好きかで好みが分かれるかと思います」と仰っていたんですが、私は旧コースで習った求肥で作る花びら餅の方が好きかなぁ。^^
先月習った、電子レンジで簡単に作れる求肥で作ってみたいなと思いました♪
水仙の成型も、とても勉強になりました。
こんなに難しいとは!


次回の更新は、12月6~7日頃になると思います。^^
[PR]