<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は、菓楽スクールさんで、パティシエールクラスの「シャルロットフランボワーズ」を習ってきました。^^
f0207936_16234755.jpg
ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール作りをしているところです。^^

ちなみに・・・ビスキュイって言葉はよく聞くのですが、キュイエールってなんだろう?と思って聞いてみたら、「スプーン」って意味だそうです。^^
kotobankにもしっかり登録されていて、それによると

『ビスキュイ生地を指くらいの大きさに細長く絞り出し、砂糖をまぶして焼いた菓子。
そのまま食べるほか、シャルロットの周囲に貼りつけたり、アイスクリームのつけ合わせに用いたりする。◇「キュイエール」は「スプーン」の意。現在は絞り出し袋を用いて生地を天板に絞り出して成形するが、絞り出し袋が用いられる以前はスプーンを用いて天板に生地を流していたことから。』

だそうです。^^

生地を、シャルロットを作る時のアノ形に絞り出し、粉糖を2回振ってオーブンへ。
結構生地が余ったので、
f0207936_1624177.jpg
こんな感じに、各自好きなように絞ってこちらもオーブンへ♪

生地を焼いている間に、クーリーフランボワーズというのを作ります。
f0207936_1624557.jpg
はい、この状態まで作ったら冷やしてもらいます♪

冷やしている間に、ムースフランボワーズ作りです。
f0207936_1624937.jpg
ムース作りでは、イタリアンメレンゲも作りました。^^
今日教えて頂いた先生は、菓楽のスーシェフパティシエさんに教えて頂いたのですが、さすがプロ。
イタメレの作り方もプロだった!(当たり前^^;)
f0207936_16241449.jpg
全てのパーツが揃ったので、組み立てです。
組み立てが終わったら、一旦ここで作業は終了。
いつもの試食タイムに突入です♪

試食タイム^^ (More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんでスペシャルレッスン「抹茶のモンブラン&抹茶のクロッカン」を習ってきました♪
f0207936_1941193.jpg
今回のレッスンは抹茶尽くしですよ♪
まずは抹茶のジュレから作りました。
f0207936_1941649.jpg
抹茶のジュレ作りでは、板ゼラチンとペクチンの扱い方を教わりました。
f0207936_1942023.jpg
夏の空に浮かぶ、入道雲のようなメレンゲ。^^

これは、抹茶のダコワーズを作っているところです。
「ダコワーズとは何ぞや」から「焼き上がりの見極め方」まで教わりました。^^
f0207936_1942413.jpg
これは抹茶のクロッカンを作っているところです。
f0207936_1942881.jpg
松の実のクリスタリゼを作っているところ~。

今回、工程がかなり多いんですよ。
先生も、生徒も、アシスタントの女の子も忙しい。(笑)
f0207936_1943353.jpg
あずきクリーム作りです。
この後、モンブランには欠かせないマロンクリームももちろん作りました♪
(クレームドマロンは、サバトンでしたよ。^^)

というわけで、今回はなんと6種類ものパーツを作りました。
公式ブログHPの写真を見ただけだと、もっとシンプルなケーキに見えるのでビックリです。

パーツが全部揃ったところで、いよいよ組み立てです。
組み立てている途中の写真、面白いんですがネタばらしするわけにもいかないので、省略です。(^_^;
組み立てが終わったら、仕上げをする1歩手前の状態で箱に入れて、お店のショックに入れてもらいました。

ショックで冷やしている間に、試食です♪ (More)
[PR]
今日は、菓楽スクールさんへ行ってきました♪
デビュタントクラスという、初心者向けクラスのレッスンを受講してきました♪

「え~、パウンドケーキ?初心者向け過ぎるんじゃ・・・?」

と思われた方もいらっしゃると思います。(^^;
でも、こういう基本的なお菓子こそしっかり習って美味しく作れるようになりたいな~、と思って受講することにしました。^^
f0207936_15582471.jpg
レッスンが始まる少し前にレシピが配られるんですが、魅惑のケーキ半額券が!!
今月、レッスンを受講すると1レッスンにつき1枚貰えるみたいです♪
(焼き菓子、シュークリーム、ホールのケーキ、イートインは対象外だそうです。)

生徒さんも全員集まり(今日はMAXの7名♪)、レッスンスタートです。
f0207936_15582876.jpg
まず、ケークシトロンから作りました。

この状態で、既に爽やかなレモンの香りが。^^
f0207936_15583231.jpg
スリムパウンド型に流し入れて、オーブンへ♪
f0207936_15583623.jpg
ケークシトロンを焼いている間に、フルーツケーキを作ります。

私、受講するまでは1つの生地で2種類のパウンドケーキを作るものだと思っていたんです。
途中で生地を分けて、混ぜ込むものを変えるのかな~?と。
そうしたら、どちらもまるでレシピが違うんです。
一方は伝統的なカトルカールで、もう一方はシェフのアレンジが加えられた軽めのもの。
混ぜ方も当然異なり、泡立てないで作る方法と、よく泡立てて作る方法の両方を1回のレッスンで学べるんです。
(初心者向けクラスだから、どうして作り方が違うのかもちゃんと教えてもらえます♪)
菓楽スクールの公式ブログにも書かれているんですが、体験内容の質が本当に良いと思います。^^
f0207936_1558409.jpg
フルーツケーキの生地を、型に絞り込んだところです。
この後、「こんな方法があるんだ!?」と驚く一手間を加えてから、オーブンへ投入です。
f0207936_15584470.jpg
焼き上がるのを待っている間にグラスアローを作ったり、パウンドケーキについてじっくり講義を聞きます。
発祥についてのお話や、パウンドケーキ作りのコツや、本には書いていないようなテクニックまで。
一通り作ってみて、分からなかったことや「家にあるこの材料で代用出来るか?」みたいな質問にも答えて貰えます。
私は、発酵バターと本和香糖で作る時のアドバイスをいただきました♪

毎度のお楽しみ、試食タイムです♪ (More)
[PR]
今日は、本当なら4月に受講する予定だったレッスンを、振替で受けてきました。^^
習ってきたのは、柏餅2種とわらび餅です♪

では、先生の見本から。^^
f0207936_15132298.jpg
美味しそうなわらび餅と柏餅!
f0207936_15132837.jpg
柏餅は、みそあんとよもぎの2種類作ります。
よもぎの中には、つぶあんが包まれています♪
f0207936_15133355.jpg
今回習うわらび餅は透明なわらび餅ではなく、黒砂糖が入って色の付いたわらび餅です。^^

先生が作られた見本を写真に撮った後は、レッスンスタートです。
まず最初にわらび餅から作り始めました。
一番のポイントは、火の入れ具合でした。
わらび粉にしっかり火を通さないと、美味しくないのだそうです。
皆で交代しながら、じっくり生地(?)に火を通していきました♪

また、それと並行して柏餅の生地作りです。
生地作りはそんなに難しくなかったですが、みそあん作りもあった為かなり忙しく感じました。
柏餅作りでもいくつかのポイントがあり、とても勉強になりました。^^

そうして、ようやく試食タイムです♪
f0207936_15133868.jpg
先生が作ったものです。(4人分)
f0207936_15134398.jpg
先生が作ったわらび餅♪
f0207936_15134835.jpg
こちらは自分で作ったものです。^^
今回の1人あたりの持ち帰り分量は、柏餅が4つ(みそあん×2、よもぎ×2)です。
f0207936_15135252.jpg
わらび餅は、1人6つ。
持ち帰る方もいましたが、私は教室で食べました。^^

食べてみての感想です。
柏餅は、昔ながらの歯応えがあるタイプの柏餅だそうです。
食べてみたら、確かに歯応えがあってプリっとした食感でした。
手作りしたみそあんもとても美味しくて、1つ2つと食べられそうな柏餅でした♪
ただ、手作りのため固くなってしまうのが早いそうですが、電子レンジで10秒(翌日の場合は30秒ぐらい)温めるか、フライパンで焼くと美味しいそうです。
先生のオススメは、レンジよりもフライパンだそうです。^^

わらび餅は、黒蜜をかけて食べました♪
ぷるぷるで、黒蜜の甘さと香ばしいきなこの風味がとっても美味しい!
スーパーで売っている、パックのわらび餅とは比べ物にならないぐらい美味しかったです^^
作り方もそんなに難しくなかったし(加熱の見極めだけ、失敗しなければ)、家でも作りたいです♪


今回のレッスンで、「和菓子の会」全12回の受講が終了しました。
ちょっとした簡単なものから難しいものまで、1年間で全30品(ホームページより)習えてとても楽しかったです。
1カ月に1回というゆったりとしたペースだけど、1回のレッスンで2~3種類の和菓子を習えるので、満足度も高かったです。^^
習った和菓子の中で、唯一きびぜんざいはちょっと苦手な味だったけど(私の味覚の問題)、それ以外は美味しく食べられました♪
習って良かったです。^^

また機会があったら、ベターホームさんの他のコースも受けてみたいなと思いました。
[PR]