皮はパリッ、中はジューシーなぎょうざ

ベターホーム協会さんの「洋食・中華おかずの基本(9月)」を受講してきました。
今月のレッスン内容は、

・ぎょうざ
・酸辣湯(サンラータン)

の2品です。
「洋食・中華おかずの基本」は、コース名の通り基本的なおかずを習うコースです。
「ぎょうざなんて習わなくても・・・」と思えるぐらい、ごくごく普通に家庭で食卓に登場するメニューだと思います。
さて、ベターホームさんで習うと、どうなる!?

それでは、まずは先生が作ったものです。
f0207936_338853.jpg
餃子とスープ。今日はとてもシンプルな構成なので、撮るのが難しく感じました。
f0207936_3381735.jpg
伝わりにくい写真なのですが、焼き色が綺麗についたおいしそうな餃子でした。
f0207936_3382439.jpg
こちらは具だくさんの酸辣湯。
酸辣湯は、実は30分の500kcal献立(4月)でも習っています。
低カロリーな酸辣湯も美味しかったのですが、こちらの方が具だくさんでコクがあります。

そして、自分達で作ったものがこちらです。
f0207936_3383257.jpg
今回、一番勉強になったのはぎょうざの焼き方です。
今まで、家でぎょうざを作ったことはあるので、包み方などは分かっていました。
ですが、焼き方が自己流のそれとはずいぶん違ったのです。
(具体的には、水分を入れるタイミングと、その水分の温度にびっくりしました。)

今回習った方法ならば、きちんと火も通るし、失敗することなく(焦げたりせず)餃子を焼けると思いました。
f0207936_3385118.jpg
自分で焼いた餃子です。
焼き面はサクっとしていて、中の餡もパサパサせず美味しく出来ました。
1日6個なんですが、ぺろりといけます。
6個食べてもカロリーが200kcalちょっとなのも嬉しい。
f0207936_3385951.jpg
具だくさんの酸辣湯も美味しかったです。
いろんな材料を使います。
作り方自体はそんなに難しくなく、材料さえあれば家でも簡単に作れると思います。



そんなわけで、受講してから数日後。
自宅でもぎょうざと酸辣湯を作ってみました。
f0207936_339823.jpg
餡を作り……、
f0207936_3391510.jpg
それを全部包みました。25個になりました。
(この写真には、全部写っていません。)
f0207936_3392238.jpg
出来上がり。

25個のぎょうざが、あっという間に消えていきました。
外食で食べるぎょうざよりも割合あっさりとしていて、食べやすいです。
酸辣湯も一緒に作ったのですが、こちらも美味しいと好評でした。


ぎょうざはごちそうの部類ではありませんが、家でも美味しく作れると嬉しい1品ですね。
習って良かったです。^^
[PR]