たいのカルパッチョ&たいの昆布じめ&たいと豆腐の潮汁

10月のお魚基本技術の会は、「鯛」を使ったレッスンでした。
f0207936_3164918.jpg
2人で1尾捌きます。
いつものように新鮮で、立派です。

出刃包丁も使って、半身ずつおろします。
そして背身、腹身、あらを使って3品のお料理を作りました。
今回習ったものは、

・たいのカルパッチョ
・たいの昆布じめ
・たいと豆腐の潮汁

です。
まずは先生が作ったものを。
f0207936_3165712.jpg
こんな感じです。^^
f0207936_3171059.jpg
カルパッチョ。
身にかけるソースも簡単に作れます。
f0207936_3172246.jpg
たいの昆布じめ。
たいの身さえあれば、簡単につくれました。
f0207936_31728100.jpg
たいと豆腐の潮汁。
華やかなお椀です。^^

自分達で作ったものは、こちらです。
f0207936_3173557.jpg
一人で鯛を半身いただくという、贅沢な試食となりました。^^
f0207936_3174516.jpg
カルパッチョ、捌きたてということで身がぷりぷりとしていて美味しかったです!
ソースはとてもシンプルなものですから、やはり鯛の味が大きいですね。
f0207936_3175196.jpg
昆布じめもしんみり美味しくて、いくつでも食べられそうでした。
f0207936_3175775.jpg
潮汁は、もちろんあらの処理も習えます。
とても上品な風味で、美味しかったです。

今回のレッスンで、お魚基本技術の会(春夏)は6回全て受講、修了となりました。
どれも美味しかったのですが、一番最初に習った「あじフライ」にはとにかく驚かされました。
揚げ物は好きな方ではないし、あじフライもメニューにあってもあまり選ばないお料理だったのですが、教室で作って食べたあじフライが本当に美味しくて、「あじフライってこんなに美味しいんだ!?」と驚きました。
その次の月に習った「かつおの土佐造り」もとても美味しかったです。スーパーで買うかつおのたたきとはまるで別物でした。
他のお料理も美味しかったです。

新鮮で質のいいお魚を、捌いて食べるとこんなに美味しいんですね。
このコースを受講して良かったと思います。

あとは、12月に受講できなかった、秋冬コースのレッスンも残っています。
そちらのレッスンも楽しみです。^^
[PR]