かれいの姿揚げ&ほたてとグレープフルーツのサラダ

ベターホーム協会さんの、お魚基本技術の会を受講してきました。
※リンク先は、今現在だと春夏の内容になっています。

今回扱ったのは、殻つきほたてとかれいです。
どちらも下処理をしたことがなかったので、難しいのではと戦々恐々としながらの受講となりました。(^^;
作るお料理はこちらです。(先生が作った見本です。)
f0207936_6424782.jpg
かれいの姿揚げと、殻つきホタテで作るサラダです。
f0207936_6425590.jpg
付け合わせもいっしょに。
f0207936_643234.jpg
殻はお皿として利用します。

レッスンが始まって、まずはほたてから取り掛かりました。
殻付きの、生きたままのほたてなんて触るのも初めてでしたが、どうにか下処理できました。
そんなに難しくなくて、ただ、触った時の感触が慣れていないせいもあって、ちょっと気持ち悪かったぐらい。(^^;
ほたての下処理が終わったところで、かれいが配られました。
かれいの処理なんてすごく難しいのではと思っていたのですが、とても簡単であっけなかったです。
これなら、家でもかれいを処理できると思いました。
下処理さえ終わってしまえば、あとはささっと調理です。
美味しく揚げるコツを教わりました。
そして完成です。
f0207936_6431117.jpg
無事、作ることが出来ました。
習わなかったら、かれいの処理なんて一度もしないままだったと思います。
f0207936_6431879.jpg
下処理をして揚げただけでしたが、これがとても美味しかったです!
やっぱり新鮮さが違うのでしょうか。
家でも作りたいです。
f0207936_6432535.jpg
ほたては貝柱だけでなく、ひもと生殖巣も使いました。
こちらもさっぱりとしていて美味しかったです。

お魚料理の会、先月は都合がつかなくて受講が出来なかったんですが、今回も新しい気付きがありました。
来月の会も楽しみです。^^
[PR]